土橋重隆「心は体の設計図:なぜ人はガンになるのか?」
土橋重隆「心は体の設計図:なぜ人はガンになるのか?」土橋重隆プロフィール
土橋重隆「心は体の設計図:なぜ人はガンになるのか?」事務局・お問合せ
連絡先FAX
042−325−2663


 健康で充実した人生をおくるために..



土橋重隆よりのメッセージ

まず知ってほしいと思うのは、すべての病気には
必ず原因があるということです。
そして、「病気が治る」ということは、
病気になった原因がなくなったときにもたらされるのです。

しかし、現代医療(西洋医学)では病気という起きた現象だけを見る
診断を頼りにして治療を行っています。
病気になった原因を探ることはせずに、あくまで現象に対する
治療をするのみなのです。

これはガン治療においても例外ではありません。

西洋医学では、人間の病気を、臓器や血液など物質的に見える部分の
変化ととらえ、そこを治療すれば、病気は治ると考えます。
しかも病名が同じであれば、治療する方法はどんな人に対してもほぼ同じになるのです。

 末期ガン患者の治療を通じてガン発症の原因を追求してきました
 そんな中、見えてきたのが「心」と「病気」の深い関係性です


患者さんのそれまでの生活習慣やストレスなどに目を向けることはないのです。
実際に治療を行っていくうちに、私はこの考え方はどこかおかしいのではないかと
疑問を抱くようになりました。

というのも、同じような症状で、同じような手術を施したガン患者さんでも、
人によってその後の回復状態がまったく違うというケースがめずらしくありません。
これらは西洋医学の考え方では説明がつきません。

そして、しだいに私は病気の「内側」に目を向けていくようになったのです。
病気の「内側」は目には見えません。
人間の理性とか常識、感性や感情、欲求といった心の部分ですね。これらに興味をもち、
ガンになった患者さんをこのような視点で見ていくうちにいろいろなことが分かってきたのです。



土橋重隆「心は体の設計図:なぜ人はガンになるのか?」
土橋重隆「心は体の設計図:なぜ人はガンになるのか?」新刊情報





50歳を超えてもガンにならない生き方
著 者:土橋 重隆
価 格:¥920
出版社:講談社 (2012/11/21)


はじめに  「ガンが治った人の生き方」から見えてくるもの
第1章 人はなぜガンになるのか?
第2章 ガンになる人ならない人
第3章 ガンの部位で生き方がわかる
第4章 ガンが治った人の生き方
第5章 どうしたらガンを防げるのか?
第6章 病気には意味と価値がある
第7章 「脱ガン」宣言 会社や社会との付き合い方

 『50歳を超えてもガンにならない生き方』  刊行記念! 著者・土橋重隆先生、インタビュー
詳細はこちらへ


シンクタンク藤原事務の藤原直哉氏との協同開催  詳細は、クリックしてください 

土橋重隆「心は体の設計図:なぜ人はガンになるのか?」 土橋重隆「心は体の設計図:なぜ人はガンになるのか?」

土橋重隆事務局スタッフ一同
Copyright 2007 All rights reserved.