成果のでるやり方は、誰でも「仕組み」にできる! 改善を積上げる土台「考動知図」、現場の「こうしたほうが、いいのに」をみんなで積上げて「強み」へ

目指していること:失敗の学びを、「強み」に積み上げる方法 代表者プロフィール:マイセオリー(持論)クリエーター 核となる技術:現場の知恵を図解する、業務プロセスを可視化する 提供するサービス:経験をソリューション(問題解決手法)として蓄積し、未来を活かす材料へ 企業概要:「強み」積上サポーター お問い合わせ:気軽にメール・電話でお問い合わせください
経営の可視化で成功要因を洗い出し競合との差別化を考え、競争優位を具体化するHOME > 私が図解にハマり込んだ体験
私は、平成元年10月1日に、消極的に独立しました。
その前から、図解を使うようになっていました。
これからお話する体験から、どんどん図解にハマり込んで行きました。
興味を持っていただけると嬉しいです。


有限会社 テオリア  

池田 秀敏

hidetoshi@teoria.co.jp 

メルマガ発行しています。「メルマガ」とメールいただけると嬉しいです。

025  2014.01.13
安易に成果主義を導入した二代目会計事務所の実情

昔、成果主義が流行りました。
その流行り始めに、成果主義を導入した会計事務所がありました。
どうなったか...
「職員は電話を取らなくなり、掃除もしなくなった..」と所長は愚痴を言います。
外部の私からしたら、しごく当然のことなんです。
「成果とは何か!」をしっかり考えないで成果主義を安易に導入した結果です。 
詳細へ

024  2013.10.09
一緒に会社を始めた片腕に辞められると..

創業20年、一緒に会社を始めた片腕が辞めました。
その会社は、ソフトの受託開発と技術者の派遣をやっていました。
創業10年で、総勢70名の規模になりました。やり手の2人です。
社長は、私より10歳年上、片腕の彼女は私と同じ年。
彼女は辞める数年前から準備を進めていたようです。
創業からすべてを一緒にやってきた実力のある彼女に辞められたのは大きな痛手でした。 
詳細へ

023  2013.06.16
会社に仕事のノウハウが何もない、だから提案できない

早急に提案書を作成したいと相談の電話がきました。
ある大きな会社が店舗を拡大する計画があるので、そこに人材を派遣する提案をしたいと言うことです。
それまで長く、その業界で営業活動をしてきたので活躍できる人材を育成して派遣できるとことです。
そこを提案書に書いて、他との差別化を計りたいと言うことです。
その意向を電話で聞いたのですが..それを裏付ける資料が何もありません。 
詳細へ

022  2013.05.30
依頼の言葉通りに企画し行動すると失敗、責任だけ追究される

企画の依頼を受けました。
でも、その熱い想いを一言一句聞き洩らさずに
一生懸命に企画書にして実行計画にしたのですが上手くいきません。「なぜだろう?」と考えました。
その社長の言葉には、明快な定義があるのですが、
抜けていること、ダブっていること、灰色な定義..があるのです。
要するに、依頼してくれた社長の言う通りにしていては 上手く行かないのです。 
詳細へ

021  2013.05.14
自分の立場や昇進のために部下の足を引っ張る上司、そして..

職場に困った上司はいませんか?
 ・仕事で結果を出すより、自分のメンツや立場の方が重要。
 ・自分が上にあがる為に、仕事も部下もモノとして扱う。
 ・現場を理解しようとしないで、中途半端な指示をしてくる。
意見を言うと感情的になって露骨に足を引っ張ったり陰口を言う。
その結果、自分の都合が悪くなると逃げる。
でも、立ち位置を変えて見ると、まったく別の景色が見えてきます。 
詳細へ

020  2013.05.07
自分の頭で考えないで作業に逃げ込んで「一生懸命!」と言い訳していないか?

l高度成長時代は、今までやってきたことを一生懸命にやることで何とかなりました。
需要が拡大している上に、その地域の中の競争に勝てれば良いだけだったからです。
今は、商品が行きわたっている上に、ネット社会なので全国や世界から競争相手が出てきます。
お客様は、たくさんの選択肢の中から選びます。
他と「何が違うか、どう違うか」を、明確に打ちださないと選んでもらえません。
今までやってきた作業を一生懸命やるだけでは上手く行きません。 
詳細へ

019  2013.04.24
34歳で年収一千万円の営業マンが独立、で結末は?

年収1千万円が自慢だった、営業マンをやっていた知人が独立しました。
勤めていた会社は、個性的な幹部のコンサルと優秀な経営分析のソフトの販売を行う会社でした。
営業は、会長・社長の個性と本の読者や講座の参加者から見込客を誘導していました。
そのフォローをしていくのが営業としての彼の仕事でした。
前から独立しいので相談にのってとメールがきました。
上司に評価されていないという不満は聞いていました。 
詳細へ

018  2013.04.15
社員70名のソフト会社の営業部長、技術部長があっというまにいなくなる

部長って何のために必要なのでしょうか?、どんな存在価値があったのでしょうか?
その会社に行った時は、営業部長・技術部長と名刺交換をさせてもらいます。
でも、翌月に行くと...2人ともいません。
社長に尋ねると「役に立たないから、辞めてもらった」とのことです。

それまで会社の課長・部長という役職はそれなりの立場だと思っていました。 でも.. 詳細へ

017  2013.04.09
社長が精神論で追いこむ独演会の会議、部下は「来月頑張ります!」としか言えない..

会議は、何のためにやるのでしょうか?
参加した人は会議で決まったことで、どんな行動を起こすのでしょうか?
会議の前と後で、「何が!」、「何に!」が変われば良いのでしょうか?
でも、社長が精神論で追いこむ講演会になっている場合があります。

社長は、一生懸命なのですが..手段の選択が間違っているのです。 詳細へ

016  2013.04.02
頑張っても、お金をかけても、顧客の心にマイナスを積上げてはいないか?

一生懸命にやっているのに上手く行かない事は、ありませんか?
自分は、一生懸命に対応しているつもりでも..顧客は、そう思っていない場合があります。
自分は、誠実にやっているつもりでも..顧客は、不安や不信感をもっている場合があります。
同じ会社でも、Aさんは上手くやるのに、Bさんは顧客からクレームが来る..
そんな「もったいない」と思える事はありません?
 詳細へ

図解:商品化を考える4つの切り口
015  2013.03.26
自分の価値を商品化できない元大手メーカーのマーケティング部長

誰でも知っているメーカーのマーケティング関係の仕事をしていた方です。
部長職で定年になり、嘱託で1年働いた後に、経験をもとに事業の立ち上げを考えていました。
「池田さん、すごいアイデアがあるんだよ」とメールがきました。
私に「協力して欲しい!」ということで、声をかけてきたんです。
でも、とても...事業にはなりません。 もったいない..
   詳細へ

014  2013.03.11 
「使えないヤツ!」と言われた社員が他社で活躍するのはなぜ?

「使えないヤツ、役に立たないヤツ、ダメなヤツ..」そんな社員はいませんか?
自分がそう思われていることはありませんか?
でも、「使えないヤツ!」のレッテルを貼られていた社員が、他社に行って活躍している、
独立して頑張っている..そんな例は、たくさんあります。
「使えないヤツ!」というレッテルを貼って能力を無駄にしていませんか?
   詳細へ

013 2013.03.01 
PDCAできない!、悩んだ結果、上位概念のQVSAを考える

広く知られているの「PDCAサイクル」は、役に立つ手法だと思います。
昔から、とても便利に使わせてもらっています。
今も、考えている基本はここに置いています。
ですが10数年前に、こんな体験をしました。「PDCAが使えない??」ス」となりました。
そこで、PDCAの上位概念が必要だと考え、「QVSA」を思いつき図解しました。
   詳細へ

012 2012.12.26 
仕事の依頼の仕方と要求している内容が違うと、部下は悲劇!

ビジネス・モデルの変化を意識できないと会社も悲劇!
紹介図解:社長の「考え」を具体的な作業に展開する
幼稚園・保育園に遊具を販売する会社の社長が経営を安定をさせるために、新しいビジネスを考えました。
営業マンが、見込客を訪問して売り切る「狩猟採集型のビジネス」から、
遊具をリースするという提供方法に変えることで「牧畜農耕型のビジネス」となりました。
でも、社長・部長がこの変化を意識していませんでした。
これが問題でした。    詳細へ

011 2012.12.12 
上場企業の下請け工場だったが自慢の元社長、受注減で工場閉鎖、業態転換する会社との違い


新規事業の立上に参加していた時に、60代の元社長と出会いました。
彼の自慢は、「上場企業の下請け工場だったんだ、200人使っていた。」でした。
その上場企業からの受注が激減し.たことで工場の維持ができなくなり廃業したとのことです。
でも、同じような状況でも転業に成功した会社もあります。
何が違うのでしょうか?    詳細へ

010 2012.12.05 
売込のアクセルを踏んでも、自分の本心にブレーキがあるのでは?、解決策は!


あなたのまわりに、他人に対して過敏に売込を警戒している人はいませんか?
先日、お菓子屋さんを開店した人と話したら「売込まれる事を警戒されたのか、知人が減った」と話していました。
でも、そんな人..警戒過敏な人も、自分の商品は売込んでいます。
自分がやることは良いことで、他にがやることは悪いことのように「心の整理」はできるのでしょうか?
心の奥で葛藤があるのではと思います、それを解決する方法があります!
  詳細へ

009 2012.11.29 
今の仕事の進め方は実態にあっていますか?、再定義が必要では?


問題の本質は..
社会が変化して「これまでのやり方が、通用しなくなったこと」ではありません。
これまでのやり方に疑問をもっているのに..
「通用しなくなったやり方を続けていること」にあります。
ネットの普及で顧客との関係の築き方、取引の仕方が大きく変わっています。
これまでのやり方や文化に引きずられていると変えることができません。
  詳細へ 

図解:私の頭の中のアイデアを表現してと言われるが...想像・創造のアプローチが必要! 008 2012.11.20 
頭の中のアイデアの表現には、想像・創造のアプローチが必要!

「頭の中に、アイデアがあるんだが、上手く表現できない」と..
新規事業や業務改善を考えている社長からよく言われる言葉です。
本人は、自分の頭の中にアイデアがあって、それを表現したいと考えています。
でも、上手く言葉にできないと悩んでいます。
図解だったら表現できるのでは?..という依頼です。でも..
      詳細へ

図解:伝わらない3つの理由 007 2012.11.13 
「なぜ、分かってくれない?」から「伝わらない3つの理由」へ

若い時に、図解の営業ツールを作っていた時の体験です。
その体験から「コミュニケーションのブーメラン構造」が頭に浮かびました。
そして、そこから伝えること・理解することを構造として考えるようになりました。
仕事の多くの悩みは、「なぜ、分かってくれない?」から発生すると考えています。
今回は、その「分かってくれない!」原因を3つに分類しました。 
      詳細へ

図解:取引先の言葉に悩み続け、仕事を4つに分類できて、やっと解消!:仕事の文脈を再定義するテオリ 006 2012.11.09
取引先の言葉に悩み続け、仕事を4つに分類できて、やっと解消!

若い頃の苦しい体験です
「池田さん、何を・どうするのか?、具体的な見積もりが無ければ頼めないよ!」..
この言葉に、長く悩まされました。
仕事は欲しい、だから一生懸命に具体化して持っていく..
でも「違う!」と簡単に言われてしまう。悩み続けてました。
そして、仕事を4つに分解することで解決できました。   
 続きへ

図解:米MBA社長の新規事業から「仕事の実力を決める8要素」を発想する 005 2012.11.01
米MBA社長の新規事業から「仕事の実力を決める8要素」を発想する


友人のデザイナーからの紹介で新規事業の立上に接触しました..
アメリカの大学卒でMBAも持っているとか、とても優秀と聞いていました。
VCから数千万円を受けての新規事業の立ち上げとのことです。
確かに頭のCPUは優秀です。でも、会社の仕事はそれだけではできません。 
その体験からこの図解が頭に浮かびました。   
 続きへ

004 2012.10.25
ある医師の言葉「CAN NOT、DO NOT?」

ある大学病院のシステムの載せ換えの仕事でした。
汎用機からパソコンのクライアント・サーバー型に入れ替えるために
一部の機能を変更したり追加するといことでした。
大手メーカーのSEと一緒に、医師に取材するなかで、医師からこんな言葉がでてきました。
「CAN NOT なのか DO NOTなのか?ハッキリ言ってくれ!」とメーカーのSEに聞いています。
でも、そのSEは、何を聞かれているのか理解していません。反応は、トンチンカンです。 
 続きへ

003 2012.10.18
炎上プロジェクトに参加して作り直しを提案!


こんなことから始まりました..
COBOLのシステム開発の次の仕事まで1週間空いていて、
コタツに寝転んでテレビを見ながらミカンを食べていると..東京のソフト会社の社長から電話がありました。
(新潟に帰る前にCOBOLのプログラマーをしていました。)
プロジェクトが大変に事になっている「すぐに来てくれ!」そこで、急いで支度をして東京に向かいました。
浜松町の駅の構内で待ち合わせをして打合せに参加しました。
          続きへ

002 2012.10.11
人月100万円で新規事業の社長のゴーストライター..


毎週、2日間東京にきて社長にくっついて動きます。
それを、次回の訪問に分かりやすく図にして持ってきます。
(当時、まだ図解という言葉を使っていないと思います。)
そして..机の上にA3の方眼紙を広げます。
社長のゴーストライターなんて言っていましたが、
まさに、図解職人です。
              続きへ

001 2012.10.05
平成元年に人間関係で消極的に独立、そこから図解の人生へ


若い時、とっても青かった私は..
職場の人間関係が原因で会社を逃げ出しました。
そして、フリーのSEとして消極的に独立しました。
平成元年の10月1日のことです。      
        続きへ

社員が 
自ら考えて行動する仕事の仕組み
改善を積上げる土台

「考動知図」
(こうどうちず)


 失敗の学びを「強み」に積み上げる方法:マイセオリー(持論)クリエーター:池田 秀敏
考動知クリエーター
有限会社 テオリア
池田 秀敏

 失敗の学びを「強み」に積み上げる方法:マイセオリー(持論)クリエーター:池田 秀敏
私のこれまでの実体験を書いています。

何かのお役に立てたら嬉しいです。




経営の可視化で成功要因を洗い出し競合との差別化を考え、競争優位を具体化するHOME > 私が図解にハマり込んだ体験
目指していること:失敗の学びを、「強み」に積み上げる方法 代表者プロフィール:マイセオリー(持論)クリエーター 核となる技術:現場の知恵を図解する、業務プロセスを可視化する 提供するサービス:経験をソリューション(問題解決手法)として蓄積し、未来を活かす材料へ 企業概要:「強み」積上サポーター お問い合わせ:気軽にメール・電話でお問い合わせください
〒942-0036  新潟県上越市東中島1943-91 電話番号 025-531-1151 FAX番号 025-531-1152
Copyright(C) by Teoria ltd. All Rights Reserved.