私の体験の図解 目指しているのは!「仕事を分解して打つ手を明らかにすること!」:ビジネス・デザイナー 目指しているのは!「仕事を分解して打つ手を明らかにすること!」  図解メソッドで、働く手応えと成果を実現するビジネスモデルを設計するテオリア 図解メソッドで、働く手応えと成果を実現するビジネスモデルを設計するテオリア
自分で体験したことを図解で、分かりやすくしています
情報システム導入支援IT119番:システムの企画・開発・導入を成功させるためのノウハウ情報システムの企画・開発支援・RFP作成 「IT119番」 「守・破・離」で任せる図解で描く「仕事の設計図」 企画書・提案書の図解サンプル集:競争力をアップする図解:思考をチャートに行動をオペレーションに企画書・提案書・プレゼン資料の図解サンプル集
人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリアHOME>
人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 誰もが一生懸命に働いて成功したいと思っているはずです、でもその成果には大きな違いがあります。
会社、職場、一緒に働く人、仕事の仕組み、取り扱う商品やサービス、経営理念..何が違うのでしょうか?
上手くいく仕事の共通項はあるのでしょうか?、失敗する仕事の原因は何でしょうか?
皆さんのご意見や体験を聞かせていただけると嬉しいです。 
      池田秀敏
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア私の仕事は、こんな体験がきっかけとなって始まりましたきっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
これらのことは、私が、今の仕事の必要性を
実感することになった体験を紹介します。
悲しいけれど、みんな事実です。

やればできる能力が備わっているのに、
会社のお金を浪費し、担当者は心と体を消耗しています。
本当に、もったいないと思います。

  ...当社の経営理念となりました。
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリアFC本部と加盟店のありがちなトラブルと結末
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア依頼の仕方と要求している内容が違うと悲劇
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア「見積もりを突き付ける」悲しいコピー機の営業マン
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア来月は「一生懸命頑張ります」が対策の営業会議
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア3社に依頼したソフトの開発の見積金額に唖然
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア技術者派遣の営業マンは「優秀な技術者です」と言うが?
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア使えない情報システムが開発されてしまう体験
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア考えないで作業に逃げ込んでも業績は上がらない
図解で描く「仕事の設計図」とは事業経営の可視化(見える化)による「成功へのプロセス・デザイン」仕事の仕組みとしての完成度が重要だと感じた体験を整理すると仕事の設計図:システム設計の考え方をビジネスを設計:仕事の図解:企画書作成で伝える工夫をした図解 
これらの体験が元になって..
図解で描く「仕事の設計図」ができてきました。
 図解で描く「仕事の設計図」とは事業経営の可視化(見える化)による「成功へのプロセス・デザイン」仕事の設計図:システム設計の考え方をビジネス構築に応用
 図解で描く「仕事の設計図」とは事業経営の可視化(見える化)による「成功へのプロセス・デザイン」仕事の図解:誤解なく伝えるための工夫から図解を使用する
仕事の「システム」としての完成度を高める、努力を無駄にしない、
ために曖昧を許さない「図解」で「設計図」の作成となりました。
図解で描く「仕事の設計図」とは事業経営の可視化(見える化)による「成功へのプロセス・デザイン」 仕事の設計図:システム設計の考え方をビジネスを設計:仕事の図解:企画書作成で伝える工夫をした図解 仕事の設計図:システム設計の考え方をビジネスを設計:仕事の図解:企画書作成で伝える工夫をした図解トラブルと結末
仕事の設計図:システム設計の考え方をビジネスを設計:仕事の図解:企画書作成で伝える工夫をした図解解決策は??
仕事の設計図:システム設計の考え方をビジネスを設計:仕事の図解:企画書作成で伝える工夫をした図解トラブルの原因
仕事の設計図:システム設計の考え方をビジネスを設計:仕事の図解:企画書作成で伝える工夫をした図解もったいない..
仕事の設計図:システム設計の考え方をビジネスを設計:仕事の図解:企画書作成で伝える工夫をした図解一生懸命でも..
仕事の設計図:システム設計の考え方をビジネスを設計:仕事の図解:企画書作成で伝える工夫をした図解仕組みの完成度
仕事の設計図:システム設計の考え方をビジネスを設計:仕事の図解:企画書作成で伝える工夫をした図解 図解で描く「仕事の設計図」とは事業経営の可視化(見える化)による「成功へのプロセス・デザイン」
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリアこれらの体験から、仕事の設計図と図解になりました!
これらの体験から、仕事の設計図と図解になりました!

体験を整理すると2つの原因があります。
  1.正しく伝わっていない
     パンフレットや資料があっても内容が違う
     誤解を生みやすい表現がされている
     計画段階で未着手のことも、現実と混在
  2.仕事の仕組みとしての完成度が低い
    ビジネスモデルとして完成していない
    整合性に欠陥がある
    事業の全体を知っている人がいない
この2つを解決なしに、事業は成功しないと考えました

そのために
 1.図解
    誤解を生みにくい、明快な表現が必要
    正しく理解されないと、お金を出してくれんし
 2.仕事の設計図
    建築で設計図が必要なように事業にも必要
    アイデア、ビジネスモデル、システム、そして
    具体的なオペレーションに展開する

これが必要だと考えました。

きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリアこの考えから図解と仕事の設計図にいたりました!
部下が指示通り動かない:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア部下が、「指示したとおりに動いてくれない」という悩みはありませんか?部下が指示通り動かない:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
こんな悩みはありませんか?
社員が、『指示したとおり動いてくれない、
一生懸命やっているはずなのに成果が上がらない。
つまらないトラブルやミスが再発する、やり直し、
二度手間、勘違い、言った・言わない・聞いてない...
困っていませんか?、トラブルは無駄なコストです!
..でも、給与は出ていきます...
部下が指示通り動かない:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 部下が指示通り動かない:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア社長・上司の言い分、部下の言い分..そして結末は..
部下が指示通り動かない:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア「できない部下」の悪しきレッテルをはって悪循環へ
部下が指示通り動かない:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリアみんな一生懸命なのですが行動・成果が違います
部下が指示通り動かない:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリアこんな指示命令をしていませんか?
部下が指示通り動かない:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア経営者と従業員は、もともと違います!
部下が指示通り動かない:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア「頑張ります!」だけでは安心して任せられない
部下が指示通り動かない:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア社長のできること・やること、従業員のできること・やること
部下が指示通り動かない:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア「頭を使わないオペレータ社員」を育成する社長
あなたの会社に、「こんな困った」ありませんか?、会社の問題点を整理すると!あなたの会社に、「こんな困った」ありませんか?、会社の問題点を整理するとあなたの会社に、「こんな困った」ありませんか?、会社の問題点を整理すると!
会社で起こりがちな問題を図解で整理してみました。
どの会社にも、誰にも、ありがちなことばかりです。
会社の資源・環境と個人の能力の浪費になります。
そして、感情論となり心と体を消耗していきます。
その結果、会社に業績悪化となります。
あなたの会社に、「こんな困った」ありませんか?、会社の問題点を整理すると!部下が指示通り動かない(経営者と従業員の対立)
あなたの会社に、「こんな困った」ありませんか?、会社の問題点を整理すると!代理店との関係が上手くいかない(本部と代理店との対立)
あなたの会社に、「こんな困った」ありませんか?、会社の問題点を整理すると!外注の働き・成果に不満があるい(発注者と受注者の対立)
あなたの会社に、「こんな困った」ありませんか?、会社の問題点を整理すると!システムが業務に合わない・使えない!(トラブル発覚)
あなたの会社に、「こんな困った」ありませんか?、会社の問題点を整理すると!仕事のトラブルのほとんどは、コミュニケーションが原因です...伝わる構造を考えるあなたの会社に、「こんな困った」ありませんか?、会社の問題点を整理すると!
どんな仕事も一人ではできません。
人が多くなればトラブルも増えます。
話せばわかる、通じる?、やってくれる?...それは幻想です!
話しただけでは通じません、相手の理解の確認が必要です。
仕事のコミュニケーションを、”仕組み(システム)”として考えてみませんか!
すると仕組みに問題があると理解できるようになります。
仕組みが問題なら感情的なトラブルを減らすことができます。
あなたの会社に、「こんな困った」ありませんか?、会社の問題点を整理すると!伝言ゲーム あなたの会社に、「こんな困った」ありませんか?、会社の問題点を整理すると!成果を得る構造 あなたの会社に、「こんな困った」ありませんか?、会社の問題点を整理すると!解釈によって変形
コミュニケーションの障害となる個人の資質を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリアコミュニケーションの障害となる個人の資質を考えるコミュニケーションの障害となる個人の資質を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
同じ内容を伝えても...聞く人はみんな、違います。
そして、自分の立場や都合・力量で考えて行動します。
コミュニケーションに影響を与える「個人差」とは?
同じ情報を受け取っても「解釈」には個人差があります。
その「解釈」から考え、行動するのですから、
結果にも、大きな個人差が生じます。
コミュニケーションの障害となる「個人差」を紹介します。
コミュニケーションの障害となる個人の資質を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア コミュニケーションの障害となる個人の資質を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア人によって経験・能力・頭の性能・人脈..が違う
コミュニケーションの障害となる個人の資質を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア人によって仕事のできる意味が違う(訓令・命令・号令)
コミュニケーションの障害となる個人の資質を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア人によって認識している事実が違う(4つの事実がある)
コミュニケーションの障害となる個人の資質を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア人によって理解する内容が違う(盲人と象)
コミュニケーションの障害となる個人の資質を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア人によって価値観が違う(同じものでも評価が違う)
コミュニケーションの障害となる個人の資質を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア人によって仕事に対する意味・目的が違う
コミュニケーションの障害となる個人の資質を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア性別による(男性・女性)考え方の違い
コミュニケーションの障害となる個人の資質を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア人によって優先順位(レベルとタイミング)が違う
「普通の人」を「できる人」へ!、ハローワークから採用した人を、その日から即戦力にする 「守・破・離」で仕事を任せる仕事の設計図仕事の図解:思いを言葉に、言葉をカタチに:図解は「思考」を「まとめ・伝える」ツール:ビジネス・アーキテクトのテオリア

図解のサンプルをたくさん載せています図解サンプル集:図解は、思いを言葉に、言葉をカタチに:思考と行動を具体化する仕事の図解:ビジネスアーキテクトのテオリア
図解サンプル集:図解は、思いを言葉に、言葉をカタチに:思考と行動を具体化する仕事の図解:ビジネスアーキテクトのテオリア
人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリアHOME>
会社概要経営理念代表者プロフィール経営に役立つ言葉集相互リンク集プライバシーポリシー著作権メール連絡サイトマップ
有限会社 テオリア 〒942-0036  新潟県上越市東中島1943-91 電話番号 025-531-1151 FAX番号 025-531-1152
このサイトは仕事の図解屋:テオリアが管理しています。ホームページに関するご意見、ご質問はこちらまでお願い致します。
Copyright(C) by Teoria ltd. All Rights Reserved.