私の体験の図解 目指しているのは!「仕事を分解して打つ手を明らかにすること!」:ビジネス・デザイナー 目指しているのは!「仕事を分解して打つ手を明らかにすること!」  図解メソッドで、働く手応えと成果を実現するビジネスモデルを設計するテオリア 図解メソッドで、働く手応えと成果を実現するビジネスモデルを設計するテオリア
自分で体験したことを図解で、分かりやすくしています
仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える..伝わる構造を考える..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJHOME > トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える > 情報は「解釈」によってカタチを変える

情報は「解釈」によってカタチを変える:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJ情報は「解釈」によってカタチを変える
図解:情報は「解釈」によってカタチを変える:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 同じ話を聞いて、同じものを見ても...!

一緒に、同じ場所で、同じ人から同時に、同じ話を聞いても..
理解して、頭に記憶される情報は大きく違います。

Aさん、Bさん、Cさんの3人がいたら..
3通りの解釈と記憶があります。

説明した方は、
  同じ話をしたから
  分かったと言ったから
と、同じように理解され記憶されたと
勝手に思いこんでしまいます。

でも、理解された内容は、
その人の解釈を通して理解され、
価値観で判断され、行動に移されます。
だから、さまざまな行動となって現れます。

「情報 → 行動」ではありません。
「情報 → 解釈 → 判断 → 行動」です。

情報は「解釈」によってカタチを変える:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
解釈の違いが、トラブルの原因となります!


情報は「解釈」によってカタチを変える:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア話し手がリードしていくことが大切


あなたは聞き手として
 ・あなたは、相手の言葉をキチンと聞いていますか?
 ・あなたは、相手の発言の意味を正しく理解していますか?
 ・あなたは、相手の依頼の意図を汲み取っていますか?
 ・あなたは、相手の期待に応えるように行動していますか?
自分に置き換えてみてください。

あなたの話している相手は、どれだけ正確に聞いているのでしょうか?

どんなに丁寧に説明しても、聞き手に問題のある場面もたくさんあります。
でも、経営者は部下の能力を批判しているだけでは何も進みません。
部下の能力を考えて、伝わる工夫が必要となってきます。

『できる社員が欲しい』と、嘆くことは簡単です...でも、何も前に進みません。


英語にこのような言葉があります
  Am I making myself clear ? 
  (私の意志を、あなたにわかるように伝えていますか?)と言う意味です。

自分が話すことばかりに意識が行きますが、実は相手に伝わっているかがとても重要なのです。


ビジネスは”伝える力”で決まる

あなたの発信した情報は正しく伝わっているでしょうか?

情報を”正しく”受信する能力には、個人差が大きいんです。
伝える相手の受信能力を理解して伝えることが大切です。
その結果、相手が行動した結果が自分に返ってきます。

果たして、どんな結果が返ってくるのでしょうか?

その結果は、自分の考えたコトが伝わった結果です。
ビックリするほど伝わっていないと感じる場面もあります...言った、言わないの原因でもあります。

情報は「解釈」によってカタチを変える:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJ仕事の問題は「依頼・期待≒認識・行動」から発生する!
情報は「解釈」によってカタチを変える:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 問題は「依頼・期待≒認識・行動」から発生します!

仕事の問題は、コミュニケーションの齟齬から生まれます。

   社長の依頼≒部下の認識
   社長の期待≒部下の行動

この違いを埋めることはなかなか難しいのが現実です。

社長の伝えたことが、正しく理解され行動となったら、、
仕事のトラブルは、ずいぶん少なくなると思います。

「わかったか?」と確認しても「わかりました!」となります。
でも行動を見ると、期待した通りに動いてくれません。

ただ、問題はコミュニケーションだからと言って、
コミュニケーションだけをテーマにしても解決しません。

別のページで解説したように発信する内容も重要です。
発信する内容が正しく作り込まれてて、
それを伝える相手の力量に合わせて伝える。
そして、相手が行動する環境整備や支援をする。

情報は「解釈」によってカタチを変える:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
期待する行動を起こすことが重要です!

仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える..伝わる構造を考える..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJHOME > トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える > 情報は「解釈」によってカタチを変える
会社概要経営理念代表者プロフィール経営に役立つ言葉集プライバシーポリシー著作権メール連絡
有限会社 テオリア 〒942-0036  新潟県上越市東中島1943-91 電話番号 025-531-1151 FAX番号 025-531-1152
このサイトは仕事の図解屋:テオリアが管理しています。ホームページに関するご意見、ご質問はこちらまでお願い致します。
Copyright(C) by Teoria ltd. All Rights Reserved.