私の体験の図解 目指しているのは!「仕事を分解して打つ手を明らかにすること!」:ビジネス・デザイナー 目指しているのは!「仕事を分解して打つ手を明らかにすること!」  図解メソッドで、働く手応えと成果を実現するビジネスモデルを設計するテオリア 図解メソッドで、働く手応えと成果を実現するビジネスモデルを設計するテオリア
自分で体験したことを図解で、分かりやすくしています
仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJHOME > トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える > 仕事で成果を得る構造を分析すると

仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJ仕事で成果を得る構造を分析すると
図解:仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 仕事で成果を得る構造とは!

経営者の意思をどれだけ理解して行動してくれるか?!
仕事の成果は、それにかかっています。

でも、どれだけ正確に伝わっているでしょうか?

1.社長が、頭の中に思い浮かべたこと
  考え・思い・アイデア・期待する結果
2.相手に伝える
  言葉にして、相手の理解を確認して、依頼する
3.部下が行動する
  聞いて、理解して、行動する..理解できたか?

そして、その行動から成果が生まれる。
生まれた結果が期待したものなのか?

1→2→3へと進み結果につながる。
この3つは一致しているでしょうか?

相手の判断や力量に任せる割合が多いほど、
納得できない結果が返ってくる場合が多くなってきます。

仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
成果を受信者に大きく依存すると危険です!
仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア

仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJ考えを「伝えて」、行動・成果を得る構造
図解:仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア

社長の言葉を伝えていく経路をもっと深く考えると..


社長の”思い・考え”は、このプロセスを経て
伝わって実行されます。そして、結果が生まれます。

1.発案
2.記号化
3.発信
4.受信
5.解読
6.行動

このそれぞれの段階で、情報の変形や脱落があります。

その変形はの仕方に
 ●発信者と受信者との関係  
 ●置かれた状況
 ●個人差
によって情報が変形の仕方が異なります。

発案≒記号化≒発信≒受信≒解読≒行動
この違いが期待した成果との違いを生みます。

仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
期待する成果を得る前提は意図を正しく伝えること!
仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 相手に正しく伝わって、期待した行動を得られない原因を6段階に分類しました。
この6段階のそれぞれで期待した成果を生み出す行為が正確に行われていないのです。
この段階を意識することで、伝える・受取ることを仕組みとして理解できるようになります。
指示命令が伝わらないと嘆く前に、どう伝えるか・どう伝わるか理性で具体的に考えましょう。

発信者 仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 発案の段階

仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
頭に思い浮かべて
考えて...頭の中で思い描きます

頭に浮かんだアイデア、思いつき、考え..価値あることでしょうか?
自分では、良いアイデアと思っても第三者から冷静にみたら..??..ということもあります。
自分の期待した成果を上げるには、より良いアイデアや発想が必要です。
矛盾・歯抜け・整合不良..このままでは自己満足で終わります。
思いつきも、”考え”のレベルに高める必要があります。

独りよがりのアイデアでは成果を生み出す力にはなりません。

価値あるアイデアを思い浮かべているのか?
仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 記号化の段階

仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
言葉で表現して

言葉にして...言葉で表現します

自分の頭に浮かんだ「考え」を言葉で正確に表現できますか?
誰でも、思っていることをなかなか正確に表現できません。
頭の中の「思考」を100%も表現できる人はいません。
適切な言葉は、なかなか思い浮かばないものです。
正確に伝わるように表現することは、とても手間がかかります。
この作業を簡単に済ませると、トラブルが起きます。

正しい記号化が行われないと相手の理解を得るところまで到達しません。

言葉にして、他人に伝えられない「考え」は無いと一緒なのです
仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 発信の段階

仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
理解を確認しながら伝える

伝えて...言葉で相手に伝えます

言葉で表現したことを正確に相手に伝えていますか?
相手に正確に伝えることが大切です。
相手が受け入れやすい、話し方をしているでしょうか?
相手に受信不可能な信号を送っていないでしょうか?
相手に受け入れられないほどのメッセージを投げかけていないでしょうか?

自分では伝えた、でも相手は聞いていない..これは理解を確認していないからです。

相手の理解の状況を確認しながら伝えることが大切です
受信者 仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 受信の段階


仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
話します → 聞きます

聞いて...音波を言葉として受け入れます

話し手の言葉は、音波として耳に入っています。

音波の振動の言葉と、聞いたと認識した内容は違います...それが問題です。
人は、誰もが自分に都合の良い情報だけ受け取りがちなです。
そして、他にも情報減らす要素があります。
それは、頭の中の心配事が心の平静を乱し、聞き取る力を失わせるからです。

相手の言葉を正確に聞くことが大切です。

本当に正しく聞いているのか?
仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 解読の段階


仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
聞いて、理解します
自分の価値観で考える












理解して...言葉から情報を得ます

聞いた言葉を、聞き手の今までの知識・経験と比べて理解します。
聞き手の得意分野なら、少ない情報でも多少間違った情報でも、
発信者の意図を汲み取ることができます。
でも、まったく興味も無く知識も経験の無い分野だと、どうでしょうか?
聞いた言葉の表面上の意味で理解してしまうことがあります。
すると、まったく違った意味に受取る場合もあります...ここで情報が変形します。

相手の言葉から背景を考え意味や意図を理解することが大切
です。

本当に正しく理解しているか?


考えて...聞き手は、自分は何ができるか?考えます

聞いて理解したことから、聞き手は何が求められているか?と、考えます。
何を実行すべきか、何をしてはいけないのか?
聞き手は自分の価値観を通して考えます。
聞き手の論理構築能力で、話し手の依頼を再構成します。
その結果、話しての意図が失われる場合があります。

人それぞれ、その人特有の考える”癖”があります

話しての価値観 ≠ 聞き手の価値観」これが前提であることを理解しましょう
仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 行動の段階


仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
自分の立場・利益は?
自分にとって意味は?





意欲が湧いて...依頼者との関係が重要です

聞き手の、聞いてる時や場所や心の状況で大きく異なります。
同じ人が、同じ事を聞いてもマイナスにもプラスにも感じます...聞き手の状況も大切です。
そして、一番は聞き手と話し手との関係が意欲に大きく影響します。

聞き手が話し手に対して信頼していることと、聞き手が聞く状態になっていることが大切です。

信頼される話し手である!

行動する...聞いたこと・依頼されたことを行動に移します

聞いて・理解して・考えて..行動へとつながりますが...
行動した結果が聞き手にとって都合の良いものでないと行動する気持ちになれません。
話し手が望んだことと、聞き手がやりたいことが違う場合が多いんです

誰もが相手の望んでいる事でなくて 「自分のしたい事」で行動します。

伝える人の:やってほしいこと ≠ 聞いた人の:自分のしたいこと

仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJ考えを「伝えて」、理解を得る2つの障害
仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 考えを伝えて理解を得るには2つの「壁」がある!

あなたの発言を聞いて
相手はどのように理解するでしょうか?
  
発信した情報が相手に届くには2つの壁があります。
 ●興味の壁
   興味の無い情報は抜け落ちます
   聞いていても頭に入りません
    ...耳をすり抜け聞いた記憶さえ残りません 

 ●理解の壁
   知識・経験の無い分野は理解出来ません
   その人の論理構築能力で再構築します
     ...情報が変形して理解され記憶されま

社長が『わかったか』と聞くと、『わかりました』となりますが..
それぞれの人で、理解している内容が違います。
それが、普通の状態なのです。

部分的には正しく伝わっているので、
『伝わっている』と思い込んでしまうところが問題なのです。

仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア理解した内容はみんな違います、記憶の違います!

仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJHOME > トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える > 仕事で成果を得る構造を分析すると
会社概要経営理念代表者プロフィール経営に役立つ言葉集プライバシーポリシー著作権メール連絡
有限会社 テオリア 〒942-0036  新潟県上越市東中島1943-91 電話番号 025-531-1151 FAX番号 025-531-1152
このサイトは仕事の図解屋:テオリアが管理しています。ホームページに関するご意見、ご質問はこちらまでお願い致します。
Copyright(C) by Teoria ltd. All Rights Reserved.