私の体験の図解 目指しているのは!「仕事を分解して打つ手を明らかにすること!」:ビジネス・デザイナー 目指しているのは!「仕事を分解して打つ手を明らかにすること!」  図解メソッドで、働く手応えと成果を実現するビジネスモデルを設計するテオリア 図解メソッドで、働く手応えと成果を実現するビジネスモデルを設計するテオリア
自分で体験したことを図解で、分かりやすくしています
伝言ゲームは組織の宿命:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJHOME > トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える > 伝言ゲームは組織の宿命

伝言ゲームは組織の宿命:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJ伝言ゲームは組織の宿命
図解:伝言ゲームは組織の宿命:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 『部下は、言うことを聞いてくれない』と悩んでいませんか?

社長の考えや思いは正しく伝わっているのでしょうか?
しっかり聞いて理解しているはずなのに...
やらせたらダメだった、結果が出ない...
そんな経験はありませんか?

伝わっていないとしたら?何が原因でしょうか?
どうしたら伝わるのでしょうか?
期待した結果が出ないのは、なぜでしょうか?

コミュニケーションにミスやトラブルは日常的に発生します。
伝わる構造を理解して対処することが大切です。

伝言ゲームは組織の宿命:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
伝言ゲームは組織の宿命です!

伝言ゲーム
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
伝言ゲームは組織の宿命:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 伝言ゲーム(でんごんゲーム)は、ある一定グループの一人だけに一定の言葉を伝え、その言葉を順次次の人(一人だけ)に伝えていき、全員が次の人に情報を伝えた所で、最後の者が伝えられた言葉を発表するという遊びである。

伝言ゲームは組織の宿命:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア「話したこと」は、正しく伝わるでしょうか?

だれでも、子供のころ小学校や中学校で”伝言ゲーム”をしたことがあると思います。
TVのゲーム番組でも、似たゲームを見たことがあると思います。

離れて見ていると...「何で、わからないの?」となりますが、
当事者は、まじめにやっているのです。

2人〜3人..4人と進むと、最初の人の話したこととまったく違ってしまいます。

  ●情報が抜け落ちる
  ●情報が変形する
  ●情報の存在すら無くなってしまう

困りますね!

あなたの会社や所属しているプロジェクトはどうですか?
仕事だから大丈夫キチンと伝わっていると、自信を持って言えますか?
資料をそろえて、関係者を集めて説明しているから大丈夫ですか?

文書を作っても、意図を正しく読み取ってくれるでしょうか?
それを、正しく別の人に正しく伝えられるでしょうか?


注意しないと”情報”はどんどん変形します。
情報の存在すら亡くなってしまう場合があります。

経営者や上司の声が、どれだけ届いているでしょうか?
実は、思ったほど伝わっていないのが現実なのです。

伝言ゲームは組織の宿命:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリアコミュニケーションの努力をした経験の少ない若者が増えてきました


相手の話の意味を聞き取る力、自分の考えをわかりやすく表現して伝える力が弱まっています。

それは、努力しなくても親や周囲の人が自分の意図を汲み取ってくれるからです。
自分からコミュニケーションをとることに努力しなくて済んでいたからです。

そういう人の傾向は?!
   自分の自己主張はしても他人の意見を受け入れらません
   言葉どうりの解釈しかできません
   相手との距離感がつかめません
   言葉の裏が読めません、だから正しい意志疎通ができにくくなります
   意見が違うだけで全人格を否定されたように感じてしまい、傷ついたと感じます

学生時代は自分を否定する人とは、つきあわずにいれたのですが、
社会人となったら、自分と違う意見があると言うことを受け入れないと仕事はできません。

ますます難しい社会になりました。
相手の、表情や態度から”言葉の裏”を理解することが必要な場面は増えています。
自分の求めているものが何か認識し、相手に分かる言葉で明確に伝達す必要があります。


伝言ゲームは組織の宿命:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア「伝わる、伝え方」で、伝言ゲームを仕切る


伝言ゲームは組織の持つ「宿命」 なのです。
情報伝達ロスは業務に影響を及ぼし、それが大きな損失を招くことがあります。

社長が周りにいる人間に、
   『○○してくれ』と言うと...

聞いた社員は、
  社長の発言聞いて
  自分の理解した内容で
  行動したり、関係者に伝えます

しかし、そこでは
社長の言った言葉が本来もつ意味と違った内容で伝わっていく場合があるのです。

その結果、伝言ゲームのように当初の意味が、後になるほど、まったく違うものになってしまいます。

大勢の人がかかわるプロジェクトでは、「わかったつもり」は百害あって一利なしです。

具体的に、目に見えるカタチで理解を共有していくことが仕事のクオリティに直結します。
立派な企画書や、字面は高尚でも、内容が見えない表現では意味はありません。
意味が無いどころか、プロジェクト遂行の妨げになります。

具体的に、
  そのプロジェクトをどう動かすか!
  自分は、そのプロジェクトに、どのように関わるか!
  そこで、求められる成果は何か?

具体的に、電話する・行動する・人に会う・企画する..行動レベルがイメージできるように伝えることが大切です。

仕事が上手くいく大前提は...”情報共有”なのです。

伝言ゲームは組織の宿命:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJ伝言ゲームの原因となる、「伝わる」情報を分析すると!
図解:伝言ゲームは組織の宿命:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 発信者の言葉は、どう相手の頭に残るのでしょるか?

発信者は伝えたい情報を、何らかの手段で発信します。
受信者は発信された情報を理解し解釈し記憶します。

この「発信情報≠受信情報」の違いが問題です。

●発信者の情報には
 感情が含まれています
 理解不足や誤解が含まれています

●受信者の受信には
 自分の立場や感情で情報が屈折します
 理解できないところは抜け落ちます
 都合の悪いところは、都合の良いようにねじ曲がります

その上、受信者の頭の中には「触発情報」が生まれます。
触発情報とは、情報を聞いて想起した情報です。

受取った情報は無垢のままでは存在できません。
必ず受信者の思惑が重なってくるのです。

伝言ゲームは組織の宿命:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
こうして人を介在するほど情報が変形していきます!

伝言ゲームは組織の宿命:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJHOME > トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える > 伝言ゲームは組織の宿命
会社概要経営理念代表者プロフィール経営に役立つ言葉集プライバシーポリシー著作権メール連絡
有限会社 テオリア 〒942-0036  新潟県上越市東中島1943-91 電話番号 025-531-1151 FAX番号 025-531-1152
このサイトは仕事の図解屋:テオリアが管理しています。ホームページに関するご意見、ご質問はこちらまでお願い致します。
Copyright(C) by Teoria ltd. All Rights Reserved.