私の体験の図解 目指しているのは!「仕事を分解して打つ手を明らかにすること!」:ビジネス・デザイナー 目指しているのは!「仕事を分解して打つ手を明らかにすること!」  図解メソッドで、働く手応えと成果を実現するビジネスモデルを設計するテオリア 図解メソッドで、働く手応えと成果を実現するビジネスモデルを設計するテオリア
自分で体験したことを図解で、分かりやすくしています
情報システム導入支援IT119番:システムの企画・開発・導入を成功させるためのノウハウ情報システムの企画・開発支援・RFP作成 「IT119番」 「守・破・離」で任せる図解で描く「仕事の設計図」 企画書・提案書の図解サンプル集:競争力をアップする図解:思考をチャートに行動をオペレーションに企画書・提案書・プレゼン資料の図解サンプル集
仕事のトラブルのほとんどは、コミュニケーションが原因です...伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリアHOME > 仕事のトラブルのほとんどは、コミュニケーションが原因です...伝わる構造を考える
仕事のトラブルのほとんどは、コミュニケーションが原因です...伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア どんな仕事も一人ではできません。
人が多くなればトラブルも増えます。
話せばわかる、通じる?、やってくれる?...それは幻想です!
話しただけでは通じません、理解してくれません、行動してくれません。 そして、成果がでません。

仕事のトラブルのほとんどは、コミュニケーションが原因です...伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリアすべての仕事は、この2つの作業に分類できます


  ・自分一人でやる仕事
  ・他人と協同でやる仕事

どんな職人であっても、技術を買ってもらう部分では、人との連携が必要です。
デザイナーもプログラマーも調理師も職人と言われるすべての人には一人で仕事をする部分があります。
でも、その仕事の
  ●成果を活かす
  ●買ってもらう
  ●協力してもらう(仕事は分業で成り立っています)
広く考えると一人で完結する仕事は存在しません。

ここに掲げた項目は、
  どこの会社でも
  どんな職場でも
  どのプロジェクトでも
複数の人が集まったら必ず発生する事です。
皆さんにも、心当たりがあることばかりだと思います。

大きなプロジェクトになるほど、多くの人がかかわります。

組織は何のためにあるのか?

それは、一人ではできないことを行うためです。
複数の人間が集まるのは、一人でやるよりも、大勢の人間が集まった方が大きな力を発揮するからにほかなりません。
...そのために組織が発明されたのです。

でも、複数の人間は
   それぞれ違った経験をし、考える材料となるデータが違います
   それぞれ違った生活環境であり、物事に対する価値感が違います

そして、参加者が
   それぞれ異なったゴールを持っていれば
   ”組織力”が発揮されることは難しくなります
仕事を上手に仕上げるに、相手とわかりあうコミュニケーションは極めて重要です。

仕事を自分と他人の共同作業と定義しましょう。
コミュニケーションの仕方も具体的に考えてみましょう。

仕事のトラブルのほとんどは、コミュニケーションが原因です...伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 仕事の現場では、話しただけでは通じません、相手の理解の確認が必要です。
仕事のコミュニケーションを、”仕組み(システム)”として考えてみませんか!
すると仕組みに問題があると理解できるようになります。
仕組みが問題なら感情的なトラブルを減らすことができます。

仕事のトラブルのほとんどは、コミュニケーションが原因です...伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア伝言ゲームは組織の宿命きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
仕事のトラブルのほとんどは、コミュニケーションが原因です...伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 『部下は、言うことを聞いてくれない』と悩んでいませんか?
社長の考えや思いは正しく伝わっているのでしょうか?
しっかり聞いて理解しているはずなのに...やらせたらダメだった、結果が出ない...そんな経験はありませんか?
伝わっていないとしたら?何が原因でしょうか?どうしたら伝わるのでしょうか?期待した結果が出ないのは、なぜでしょうか?
コミュニケーションにミスやトラブルは日常的に発生します。伝わる構造を理解して対処することが大切です。
伝言ゲームは組織の宿命:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
伝言ゲームは組織の宿命です!

仕事のトラブルのほとんどは、コミュニケーションが原因です...伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア仕事で成果を得る構造を分析するきっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
仕事のトラブルのほとんどは、コミュニケーションが原因です...伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 仕事で成果を得る構造とは!
経営者の意思をどれだけ理解して行動してくれるか?!仕事の成果は、それにかかっています。
でも、どれだけ正確に伝わっているでしょうか?
そして、その行動から成果が生まれる。生まれた結果が期待したものなのか?
相手の判断や力量に任せる割合が多いほど、納得できない結果が返ってくる場合が多くなってきます。
仕事で成果を得る構造を分析する:トラブルの原因はコミュニケーション..伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
成果を受信者に大きく依存すると危険です!

仕事のトラブルのほとんどは、コミュニケーションが原因です...伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア情報は「解釈」によってカタチを変えるきっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
仕事のトラブルのほとんどは、コミュニケーションが原因です...伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 同じ話を聞いて、同じものを見ても...!
一緒に、同じ場所で、同じ人から同時に、同じ話を聞いても..理解して、頭に記憶される情報は大きく違います。
説明した方は、同じ話をしたから分かったと言ったからと、同じように理解され記憶されたと勝手に思いこんでしまいます。
でも、理解された内容は、その人の解釈を通して理解され、価値観で判断され、行動に移されます。
「情報 → 行動」ではありません。「情報 → 解釈 → 判断 → 行動」です。
仕事の仕組みとしての完成度が重要だと感じた体験:トラブルの原因:ビジネス・アーキテクトのテオリア
解釈の違いが、トラブルの原因となります!

仕事のトラブルのほとんどは、コミュニケーションが原因です...伝わる構造を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリアHOME > 仕事のトラブルのほとんどは、コミュニケーションが原因です...伝わる構造を考える
情報システム導入支援IT119番:システムの企画・開発・導入を成功させるためのノウハウ情報システムの企画・開発支援・RFP作成 「IT119番」 「守・破・離」で任せる図解で描く「仕事の設計図」 企画書・提案書の図解サンプル集:競争力をアップする図解:思考をチャートに行動をオペレーションに企画書・提案書・プレゼン資料の図解サンプル集

会社概要経営理念代表者プロフィール経営に役立つ言葉集プライバシーポリシー著作権メール連絡
有限会社 テオリア 〒942-0036  新潟県上越市東中島1943-91 電話番号 025-531-1151 FAX番号 025-531-1152
このサイトは仕事の図解屋:テオリアが管理しています。ホームページに関するご意見、ご質問はこちらまでお願い致します。
Copyright(C) by Teoria ltd. All Rights Reserved.