私の体験の図解 目指しているのは!「仕事を分解して打つ手を明らかにすること!」:ビジネス・デザイナー 目指しているのは!「仕事を分解して打つ手を明らかにすること!」  図解メソッドで、働く手応えと成果を実現するビジネスモデルを設計するテオリア 図解メソッドで、働く手応えと成果を実現するビジネスモデルを設計するテオリア
自分で体験したことを図解で、分かりやすくしています
こんな指示命令をしていませんか?:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJHOME > 部下が指示通り動かない > 社長のできること・やること、従業員のできることやること

社長のできること・やること、従業員のできること・やること:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJ社長のできること・やること、従業員のできること・やること
社長のできること・やること、従業員のできること・やること:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 社長と部下の問題の構造を考えると!

●従業員は、赤ちょうちんで会社の悪口
 うちの会社は、○○○だから!
 あいつが昇進するなんて!
  ...だから、うちの会社はダメ!
 会社の言っている事とやっている事が違う
 上司の言った通りにやっても理不尽に責められる
  ...会社の悪口でストレス解消

●社長は、部下の悪口を社外の人に愚痴る
 あいつら理屈だけは一人前だが...!
 なぜ?、こんな簡単なこともできないんだろう?
 ...だから安心して、任せられない!
 何度も同じ事を言わないと分からない
 仕事に対する自主性や自覚がない
 ...部下の力の無さを嘆く社長

お互いに、相手が悪いと主張して前に進まない。
これでは、何時までたっても解決には向かわない。

社長にしかできないこと、部下がやるべきこと..
それを取り違えながら悩んでいる、不満を持っている。

社長のできること・やること、従業員のできること・やること:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
悩む対象が逆になっている!

社長のできること・やること、従業員のできること・やること:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリアどちらにも、ちゃんとした言い分がある...

どっちの話を聞いても、正しいのです。
どちらにも、きちんとした言い分があります。

でも、もったいない
何がもったいないかと言うと...

誰も得をしないことに、精神的エネルギーと時間を使っているからです。
その上、
  ・社長は、ミスやトラブルの対処にも給料を支払う必要がある...次に活かせない経験はもったいない。
  ・社員は、原因を会社や上司として自己保身しているので自分の成長にエネルギーを使っていない。

結局、両方のエネルギー・お金・チャンス..を浪費することになります。

未来に結びつかないことに会社のコストと社員のエネルギーを使っているのです!
  ...これで良いのでしょうか?

最後は感情的な不満感で落ち着きます。


部下が指示通り動かない:部下が指示通り動かない:価値を生まない対立へ:なぜ?楽しい仕事・嫌な仕事・成功する仕事・失敗する仕事があるのか?成功の共通項はあるのか?実は、悩む対象が違ってるのです!

冷静に考えると!
実は、悩む対象が違ってるのです!
社長のできること・やること、従業員のできること・やること:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア ●社長にしかできない仕事は!
  会社の仕組み・文化を改善すること
     ...儲かる仕組み・仕事の運営のシステム

●社員の最優先事項は!
  自分の仕事の能力を高めること
     ....実力と実績が報酬を決める時代

相手が悪いと言っていたら、いつまでたっても改善できません。
自分でできる部分に対して、正しい対策を立てないからです。

会社を感情論や精神論で見ることから卒業しましょう。
仕事を上手く進める”システム”の視点で見てみましょう。

上手くいかない部分があったら、どのように改善したら良いか?
トラブルやミスが発生したら、再発を防ぐ仕組みを組み込みましょう。

最初から完璧にはいきません、仕事をする環境もドンドン変化していきます。

社長のできること・やること、従業員のできること・やること:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJトップの意思を正しく伝える仕組みが必要です
社長のできること・やること、従業員のできること・やること:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 雇用関係の主流が変化しています!

3つの雇用関係があります

1.労働力としての雇用関係
  生活のために労働しました。
  働いた時間の対価が報酬となり生活します。
  勤勉であることが大切です

2.人的資源としての雇用関係
  安定した雇用を得るために雇用主に忠誠を誓います。
  頑張りを評価してもらいます、考課査定されます。
  素直に指示に従うことが大切です。

3.人的資本としての雇用関係
  市場原理と成果契約で成り立つ関係です。
  働く場を提供する会社と能力を提供する個人の関係。
  契約した成果を基盤にした対等な関係。

困ったことは、頭で考えたことと感情が違っていたり、
実現する環境整備ができていないのに高望したり、
経営者と従業員の関係のミスマッチが起こることです。

社長のできること・やること、従業員のできること・やること:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリアミスマッチは悲しい結果を生みます!

HOME > 部下が指示通り動かない > 社長のできること・やること、従業員のできることやること
会社概要経営理念代表者プロフィール経営に役立つ言葉集プライバシーポリシー著作権メール連絡
有限会社 テオリア 〒942-0036  新潟県上越市東中島1943-91 電話番号 025-531-1151 FAX番号 025-531-1152
このサイトは仕事の図解屋:テオリアが管理しています。ホームページに関するご意見、ご質問はこちらまでお願い致します。
Copyright(C) by Teoria ltd. All Rights Reserved.