私の体験の図解 目指しているのは!「仕事を分解して打つ手を明らかにすること!」:ビジネス・デザイナー 目指しているのは!「仕事を分解して打つ手を明らかにすること!」  図解メソッドで、働く手応えと成果を実現するビジネスモデルを設計するテオリア 図解メソッドで、働く手応えと成果を実現するビジネスモデルを設計するテオリア
自分で体験したことを図解で、分かりやすくしています
こんな指示命令をしていませんか?:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJHOME > 部下が指示通り動かない > 「頑張ります!」だけでは安心して任せられない

「一生懸命」それだけでは仕事を任せられません!:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJ「頑張ります!」だけでは安心して任せられない
「一生懸命」それだけでは仕事を任せられません!:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 『頑張ります』...それだけで上手くいくだろうか?

「頑張ります」とだけ言う人はいませんか?

仕事の依頼内容もキチンと聞かないで...
どこまで理解したんだろう?
...と思いながら”頑張ります”を聞くと...
本人は一生懸命の表明のつもりでしょうが..

安心できない、難しい仕事は任せられない...
そんなことを感じたことはありませんか?

上司としては意欲は認めますが...
『とにかく頑張ります』と言っても
  どの分野で頑張るのか?
  何が自分の長所なのか?
  何がやりたいのか?
「頑張ります」だけでは、全くわからない

自分の価値観も整理されていないし、
自分の能力も把握していない。

「一生懸命」それだけでは仕事を任せられません!:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
「一生懸命」それだけでは仕事を任せられません!

「一生懸命」それだけでは仕事を任せられません!:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
やればできる能力が備わっているのに...

上司が部下に 『仕事は順調か?』と尋ねます。

部下はそれに答えて、
 『エエ、まあ何とか順調です』と答えが返ってきます...

でも、それから何日も経たない間に問題が発生することがあります。
そんな体験はありませんか?

部下は、
  上手くいっているか?
  問題があるか?
の判断をどう行ったんでしょうか?


何も、問題なく上手くいっていると報告を受けた上司にしてみれば寝耳に水です。
もっと早く、状況が正しくつかめていれば対処もできたのにと思います。
問題が”問題”として発生・発覚してしまってからでは、
その解決には、多くの労力とコストを必要とします。

部下は、なぜ?『問題ない』と、答えたのでしょうか?

2つの理由があります
 ・上司に隠して自分で解決したかった...それができなかった
 ・本当に、問題ないと思っていた....これは重症です

問題ないと言った部下に、
  『なぜ、ホントのことを言わなかったのか?』  と問い詰めても何も解決しません。
お互い不愉快になるだけです。

その時、彼には問題なく上手くいっていた、そう感じていたのです。
うそやごまかしではなく正直に言っただけなのです。
そして、数日が経過して問題が起こった。ただ、それだけのことなのです。

”問題”は、意欲とか責任感の問題とは少し違うところにあると思います。

「一生懸命」それだけでは仕事を任せられません!:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリアみんな能力も経験も考え方も違います..経営者と部下も

同じ素材・情報を持っていたとしても、情報の活用の仕方は、みんな違います。

それを活用できるかどうかは、個人によって異なります。
  ●情報の読み取り能力の差
  ●それに関連することの予備知識の多寡
  ●その人にとって興味の対象かどうか
  ●それを頑張る意味があるか?...熱心さの度合い


そして、自分と別の立場から考えることができる能力があるか。

部下を価値観を共有している”仲間”だと無意識に「思い込んで」いませんか?

仲間なのに、掟破りの行動や発言...許せなくなります、腹が立ちます。

でも、みんな価値観の違う世界に生きているのです。
部下は、部下の世界で生きています。
経営者の世界を理解できません


「一生懸命」それだけでは仕事を任せられません!:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJ頑張る意味はみんな違う!(本部スタッフ、監督職・店長、現場スタッフ・作業員)
「一生懸命」それだけでは仕事を任せられません!:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 3つの指示命令の仕方があります!

「訓令・命令・号令」..これらは軍隊の言葉です。
 
●訓令
  馬で3日も先の部隊の指揮官に目的と目標を伝え、
  具体的な作戦は、すべて任せます。(作業指示できません)
●命令
  訓令・号令の中間です。
●号令
  指揮官が陣頭指揮をして、突撃命令を出すことです。
  誰がやっても同じ結果になる、具体的な作業指示です。

指示命令する相手の能力によって、役職によって、
訓令・命令・号令を使い分けることがとても大切です。
これがマッチしていないと、会社にとっても社員にとっても、
悲しい結末に向かいます。

訓令で十分な社員に、「号令」で指揮したら?
仕事に意味を見いだせなくなって、辞めていきます。

号令の必要な社員に、「訓令」で指揮したら?
上司の仕事の指示が悪いと不満を口にします。

「一生懸命」それだけでは仕事を任せられません!:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
仕事ができると言う意味はみんな違います!

こんな指示命令をしていませんか?:部下が指示通り動かない:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJHOME > 部下が指示通り動かない > 「頑張ります!」だけでは安心して任せられない
会社概要経営理念代表者プロフィール経営に役立つ言葉集プライバシーポリシー著作権メール連絡
有限会社 テオリア 〒942-0036  新潟県上越市東中島1943-91 電話番号 025-531-1151 FAX番号 025-531-1152
このサイトは仕事の図解屋:テオリアが管理しています。ホームページに関するご意見、ご質問はこちらまでお願い致します。
Copyright(C) by Teoria ltd. All Rights Reserved.