私の体験の図解 目指しているのは!「仕事を分解して打つ手を明らかにすること!」:ビジネス・デザイナー 目指しているのは!「仕事を分解して打つ手を明らかにすること!」  図解メソッドで、働く手応えと成果を実現するビジネスモデルを設計するテオリア 図解メソッドで、働く手応えと成果を実現するビジネスモデルを設計するテオリア
自分で体験したことを図解で、分かりやすくしています
考えないで作業に逃げ込んでも業績は上がらない:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJHOME > きっかけとなった体験 > 考えないで作業に逃げ込んでも業績は上がらない

考えないで作業に逃げ込んでも業績は上がらない:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJ考えないで作業に逃げ込んでも業績は上がらない
考えないで作業に逃げ込んでも業績は上がらない:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 売れない理由は必ず売る側に存在しているのです!

社会にはたくさんの企業・お店があります。
同じような商品を扱っていても、
業績の良い会社・赤字続きの会社があります。

同じ会社にいても、
  売れて儲かる人
  売れない人

同じモノを売っても
  売れて儲かる店・会社
  売れない店・会社

何が違うのでしょうか?
その違いは、どこにあるのでしょうか?

お客様は、自分の選択基準で選んでいます。
 ●理性..理性・理詰めで考えます
 ●感情..好き嫌いの感情で決めます

お客様の支持にも共通項があるのだと思います。
そして、それを見つけお店の個性を出すことが必要です。

考えないで作業に逃げ込んでも業績は上がらない:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJ売れる売れないは売る側にあります!

考えないで作業に逃げ込んでも業績は上がらない:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア酒屋さんのチェーンのセミナー講師をしていたときのことです

もう、15年くらい前のことです。
関西発祥で、全国展開しようと東京都内に本部のある酒販店チェーンがありました。
私は、そのチェーンの加盟店の酒販店の店主研修の講師を行いました。

どんな研修かというと...
当時は、酒のディスカウント店がドンドン増えてきて、
今までの酒販店は生き残りをかけて変わらないといけない時期に来ていました。

そこで、店主ご夫婦に参加していただいて、今までの仕事のやり方を、
ゼロから考え直すキッカケにを提供する「意識改革」を行うセミナーでした。

1泊2日のセミナーの企画とテキスト作成と講師もお手伝いしました。
数人の講師で、東京・大阪・名古屋・九州..と分担していました。


それまでの酒屋さんは...
当時の酒屋さんは、大名商売と言うのでしょうか、今では考えられない状態でした。

お酒の仕入は....こんなお店もありました。
  問屋の営業マンがやってきて、
  埃の積もった棚を掃除して(もちろん、お店の棚です)
  値札をつけて(納品した酒瓶です)
  店主に頭を下げて帰る
これが、一般の酒屋さんの”仕入”業務だったんです。

店主は、営業マンにお酒の数を指示するだけです。

お酒の問屋さんは、どの酒屋さんに卸しても同じ値段、販売価格も同じでした。

どこも販売量は似たり寄ったり、
営業マンは、酒屋さんの担当件数が多ければ実績が上がると言うのが実情でした。

ですので店主に嫌われないように、他の銘柄のお酒より、
自分の銘柄のお酒をたくさん置いてもらえるように気を使いました。



考えないで作業に逃げ込んでも業績は上がらない:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリアディスカウント店が増えてくると..状況は激変しました

免許に守られて大名商売していたので...

売上は落ち..

ディスカウント店が増えてくると、地元のお客さんもそこに買いに行ってしまいます。
これまで確実に売れていたお酒やビールの売上が、ドンドン減ってきます。

問屋の営業マンは...
問屋の営業マンも、手間のかかって儲けの少ない酒屋さんに納品するより、
ディスカウント店を相手に商売した方が効率が良いと、考えるようになりました。

卸価格の単価は下がりますが、販売コストは小さく一度に大量に売れます。

ディスカウント店の仕入の特徴は
   大量に
   それも計画的に
   現金で買ってくれ
   コストを下げるためにトラックで買いにきてくれたりします
卸問屋の営業マンとしてはどっちが良いでしょうか?..


今までの”酒屋さん”の商売は...

問屋の持ってきたお酒を仕入、棚に並べて置けば売れました。
   どうやったらお客さんが来てくれるか?
   どうやったら買って行ってくれるか?
考えたコトが無かったのです
考える必要が無かったのです

問屋も商売ですから、販売量の多くて儲かるディスカウント店の方を向きます。

考えないで作業に逃げ込んでも業績は上がらない:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア酒屋さんも商売への意識改革が必要になりました

意識改革の研修を担当しました...そこで感じたことは...


研修の最初にやったことは..

今まで買い物をして
   『嬉しかったこと・ 楽しかったこと』 
      ...自分のお店に応用できます

   『不快だったこと・ もう行きたくないと感じたこと』
      ...反面教師にできます

この2つをテーマに紙に書いてもらいました。

でも、実態は...ほとんど書けませんでした。
体験談を話すこともできません。

自分が買う立場としての経験を活かすという体験が無いからです。
頭の中に無いのです、考えたコトが無いのです。

自分のお店だったら”どうするか?”考えたコトが無いのです。
誰でも、どこかで体験しているはずなのにアンテナが無いのです。

朝早くから、重いお酒を配達して、長時間労働で、働き者...これが酒屋さんの代名詞でした。
免許が代々受け継がれ、地域の一定量の販売は確保できていたからできた商売です。



次はの質問は、『どんなお店にしたいですか?』です。
   
やっぱり、何にも書けない人が8割ほどいました。
夫婦でやっているお店、店員を雇っているお店...書けません・話せません。

以前のように(ディスカウント店がでる前)、売れてくれれば...と思っているだけです。

これでは、お店を変えるための具体的な行動が起こせません。

いろんなお店を見て、あの店のあの部分、この店のこの部分
 ...というようにイメージがあれば良いのですが
お店の研究もしていません。

でも、そこに集まった人は、「何とかしよう」とチェーンに加盟しただけ先進的なお店なのです。



考えないで作業に逃げ込んでも業績は上がらない:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア大切なことは..

この体験で感じたことは..

お店のリーダーである店主が、
   お店をどうしたいのか!、しっかりとした完成図を描けているかが大切

何も考えないで、儲かれば良いとか、良い店にしたいとか...
従業員や奥さんに一生懸命頑張れば繁盛する...
と、言ったところで..

 誰も、信用しないし
 誰も、新しい行動をしないし
 何も、変わりません

何を、どうしたいのか?、頭の中に自分のお店のイメージを浮かべることです。



考えないで作業に逃げ込んでも業績は上がらない:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア企業が提供する価値と顧客が感じる価値
考えないで作業に逃げ込んでも業績は上がらない:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 商品が売れること、利益が出ることが会社の基本!

●会社は粗利益で生きています
  粗利益が無いと不足すると赤字となり倒産します

●商品を買ってもらわないと粗利益は生まれません
  お客様が、会社の販売している商品を買って、
  お金を払った時点で粗利益が生まれます

●商品を「買う・買わないの決定権」は100%お客様
  そこには売る側の決定権は何も無いのです

どんな会社でも一番大切なことは、
売上を上げ、利益を得ることです。
 
お店が何を、どう提供して..
顧客がどう感じるか?..それが大切です。

顧客の感じる要素をいかに分析できるかで、
戦略やオペレーションが変わってきます。
それを考えることがマーケティングです。

考えないで作業に逃げ込んでも業績は上がらない:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJ
顧客の感じ方を意識して手を打ちましょう!

考えないで作業に逃げ込んでも業績は上がらない:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJHOME > きっかけとなった体験 > 考えないで作業に逃げ込んでも業績は上がらない
会社概要経営理念代表者プロフィール経営に役立つ言葉集相互リンク集プライバシーポリシー著作権メール連絡
有限会社 テオリア 〒942-0036  新潟県上越市東中島1943-91 電話番号 025-531-1151 FAX番号 025-531-1152
このサイトは仕事の図解屋:テオリアが管理しています。ホームページに関するご意見、ご質問はこちらまでお願い致します。
Copyright(C) by Teoria ltd. All Rights Reserved.