私の体験の図解 目指しているのは!「仕事を分解して打つ手を明らかにすること!」:ビジネス・デザイナー 目指しているのは!「仕事を分解して打つ手を明らかにすること!」  図解メソッドで、働く手応えと成果を実現するビジネスモデルを設計するテオリア 図解メソッドで、働く手応えと成果を実現するビジネスモデルを設計するテオリア
自分で体験したことを図解で、分かりやすくしています
来月は「一生懸命頑張ります」が対策の営業会議:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJHOME > きっかけとなった体験 > 来月は「一生懸命頑張ります」が対策の営業会議

来月は「一生懸命頑張ります」が対策の営業会議:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJ来月は「一生懸命頑張ります」が対策の営業会議
来月は「一生懸命頑張ります」が対策の営業会議:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 一生懸命頑張りますで成功するのか?

一生懸命だけで成功していたら..
世の中のほとんどの人が成功しています。
確信犯以外は、みんな一生懸命です。

どんな仕事にも、一生懸命は必要ですが、
十分条件ではありません。

「一生懸命」は、レベルを示す言葉です。
それは、内容を示す言葉とセットで意味をなします。

「一生懸命に頑張ったのに...」と考えていると、
「今度は、もっと頑張ろう!」となってしまいます。
それは改善して成果をあげる対策にはなりません。

今、上手くいかないということは...
今のやり方に問題があると言うことです。
それを、もっと、もっと、とやっていても上手くいきません。

現状を正しく分析する文化や習慣が無いままに、
対策をたてるので精神論になってしまいます。

来月は「一生懸命頑張ります」が対策の営業会議:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJ精神論に逃げるのは簡単ですが成果はでません!

来月は「一生懸命頑張ります」が対策の営業会議:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリアあなたの会社の会議に、こんな傾向はありませんか?


営業会議に参加したときの体験です。
この事例も、今までの仕事で関係した会社での体験を一般論化したものです。
どの会社と特定できるものではありません。一般論と考えてください。

どこの会社にも、多かれ少なかれこのような傾向はあるのではないでしょうか?


営業会議とは?
  何のためにやるのでしょうか?
  どんな成果を求めて開催するものでしょうか?
  参加した人は、どんな行動を起こすのでしょうか?

  会議の前と後で”何に!”が変われば良いのでしょうか?

あなたの会社で、こんな営業会議をしていませんか?
来月は「一生懸命頑張ります」が対策の営業会議:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア

具体的な対策は
何も決まらない
●翌月の1週間か10日過ぎあたりに前月の実績を発表...目標達成したのか?
    みんなの実績が一覧表になって全員に配られ、すでに知っている達成・未達成を確認する

●達成できない人は、”なぜ?”達成できなかったのか理由を説明...言い訳を言う場
    一人ひとりに”未達成の原因”を求められ
    上司の叱咤激励がなされる

●そして幹部が精神論を延々と話す会議という名の講演会
    長い講演会が始まると、幹部以外は下を向いて終わるのを待っている

●最後は、『今月頑張ります』と言って終わりになる
    今月は必ず達成します『頑張ります』と言うことで終わりになり
    でも、具体的に”何を?”を”どうしたら?”実績が上がるか対策が無いまま終わる...
    そして、会議の時は月の約3分の1が終わっている

●”力”いっぱい話して、社員に”カツ”を入れて満足の幹部
    精神論を話すことで”自分の仕事ができた”と満足する

これで成果が上がるでしょうか?
実績につながる行動ができるでしょうか?

このやり方で、前月より確実に実績が上がっていくと言う自信のある会社はありますか?
その会議に参加した社員の行動が変わっていくでしょうか?

来月は「一生懸命頑張ります」が対策の営業会議:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア会議は、何のためにやるのでしょうか?

会議の目的を考えてみると...
 ・情報の交換.........一同に会することで意思や情報を伝える
 ・新しいアイデアの創出...一人で考えてもあたらしいアイデアは出にくい
 ・方針・手段の決定.....決定に参加して、実行動に反映していく
...以上のようなことではないでしょうか?


会議に参加した人が、
  自分の今まで知らなかった情報を得たり
  会社の方針や行動の基準つくりに意見を言って
  これまでの自分の行動を、より良いモノに変えていくキッカケ
...理想を言っているようですが
これが必要ではないでしょうか?

目標が達成しなかったコトを、
責められ・みんなの前で恥ずかしい思いをする会議では、会議に出るのが苦しくなります...
そして前月と同じ行動しかできない....なんらノウハウが蓄積されない、
そして、また同じコトを翌月の会議で行う、
そんな会議で良いのでしょうか?


目標の”未達成”を精神的に責めるだけで改善するのか?
過去の実績の”未到達”の原因追及は意味あることと思いますが...

それだけで未来の数字を作って行けるでしょうか?
精神論は、営業マンが成績を上げるためにどれだけ効果があるでしょうか?

来月は「一生懸命頑張ります」が対策の営業会議:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
精神論講演会の結果は?!
精神論だけでは?
●過去を責められても『次は、頑張ります』としか言えない
   過去をほじくっても”死んだ子”の年を数えるようなもの

頑張るための具体的な方法が無いために成果を上げる行動に出られない
   精神論で飛び込み件数を増やす計画しか立てられない

幹部が部下を叱咤激励することで自分の仕事が済んだと勘違い
   改善のために頭を使わなくなる、これまでのやり方の延長でしかない

翌月同じコトが繰り返される
   精神論で向上するレベルしか上向かない、社員が消耗したら終わり

来月は「一生懸命頑張ります」が対策の営業会議:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア結局は、会社のコスト

結局は、社長が”損”をします

会社の
  実績が上がらない結果の最終責任は...
  コストが上がって、利益が出てこない最終責任は...
  成果を上げる可能性があっても、結果が出てこない最終責任は...
  やり直し、二度手間、遅延、勘違い…の最終責任は.......
  ....

すべてが社長の責任です
トラブルのコストも、社員の”給料”もすべて会社から金銭を支払う対象です...


来月は「一生懸命頑張ります」が対策の営業会議:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリアそんなことを続けると、できる人から辞めていく

できる営業マンが辞めたらどうなるでしょうか?
売り上げ、利益の多くを稼ぎ出す営業マンが辞めたら?!

どの会社ににも、優秀な営業マンはいると思います
その人は、どうやって営業成績を上げているんでしょうか?
ノルマもこなし、これからの可能性も見える人...

できない人と、できる人の違いは何なんでしょうか?

営業のノウハウは、個人に帰属していて良いのでしょうか?
できる人が辞めたら...その分の営業実績が落ち込んでしまう
新しい担当者に任せても、なかなか回復しない

それは会社の実力なんでしょうか?

会社としての実力を積み上げていく、そのための”営業会議”を考えて見ませんか!


来月は「一生懸命頑張ります」が対策の営業会議:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJ営業を変えるための3つの方針
来月は「一生懸命頑張ります」が対策の営業会議:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 営業を変える3つの方針!

仕事を変える2つの方法があります。
 1.人を変える、替える
 2.仕組みを変える

優秀な人材を探し採用することが成功の秘訣なら、
採用が上手い会社が成功しているはずです。

でも現実は人を入れ替えるだけでは成果が上がりません。
仕事の「仕組み」を変える必要があるのです。

その仕組みには3つの要素があると思います。
1.営業プロセス
2.見積もり作成基準
3.営業評価基準

これからの営業は、飛びこんでその場で売れる、
商談に結び付けられる時代ではなくなりました。

顧客との関係を構築し信頼関係を築くことが大切になり、
相手の生活や仕事の満足を高めるための提案が必須です。

来月は「一生懸命頑張ります」が対策の営業会議:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
成果につながる要素を整理し仕組み化する!

来月は「一生懸命頑張ります」が対策の営業会議:仕事を考えたきっかけ:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのJHOME > きっかけとなった体験 > 来月は「一生懸命頑張ります」が対策の営業会議
会社概要経営理念代表者プロフィール経営に役立つ言葉集相互リンク集プライバシーポリシー著作権メール連絡
有限会社 テオリア 〒942-0036  新潟県上越市東中島1943-91 電話番号 025-531-1151 FAX番号 025-531-1152
このサイトは仕事の図解屋:テオリアが管理しています。ホームページに関するご意見、ご質問はこちらまでお願い致します。
Copyright(C) by Teoria ltd. All Rights Reserved.