私の体験の図解 目指しているのは!「仕事を分解して打つ手を明らかにすること!」:ビジネス・デザイナー 目指しているのは!「仕事を分解して打つ手を明らかにすること!」  図解メソッドで、働く手応えと成果を実現するビジネスモデルを設計するテオリア 図解メソッドで、働く手応えと成果を実現するビジネスモデルを設計するテオリア
自分で体験したことを図解で、分かりやすくしています
情報システム導入支援IT119番:システムの企画・開発・導入を成功させるためのノウハウ情報システムの企画・開発支援・RFP作成 「IT119番」 「守・破・離」で任せる図解で描く「仕事の設計図」 企画書・提案書の図解サンプル集:競争力をアップする図解:思考をチャートに行動をオペレーションに企画書・提案書・プレゼン資料の図解サンプル集
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリアHOME > 私の仕事は、こんな体験がきっかけとなって始まりました 
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア これは私が、今の仕事の必要性を実感することになった体験談です!
悲しいけれど、みんな事実です。

やればできる能力が備わっているのに、会社のお金を浪費し、担当者は心と体を消耗します。
本当に、もったいないと思います。   当社の経営理念となりました。
これらの体験で共通していることは...
みんな一生懸命(誰もがそう思って頑張っています)でした、でも、なぜ悲しい結果になるのでしょうか?

そして、それらの行動は
 ・事業運営のコストを上げ
 ・成長のブレーキになります
そして、社員の精神と肉体を消耗していきます。

エネルギーとお金を使って..
 ・会社にとっても
 ・担当者にとっても
 ・利用者にとっても
 ・効率から考えても
無駄なことばかりです。

これらの体験から、
 ・仕事の基本って何だろう?
 ・より良い成果を上げるには?
 ・みんなが自分の実力を発揮するためには?
と考えるキッカケとなりました。

そして、私が今の仕事をすることにつながりました。

ホントに、もったいないです。
相手の立場から考えれば環境は好転するのに...もっと上手くやれば成果が上がるのに...
本来持っている環境や実力を発揮できていないのです

きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリアFC本部と加盟店のありがちなトラブルと結末きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア FC本部と加盟店のありがちなトラブルと結末
クレーム電話が繰り返さされ、改善されないままに時間が過ぎていくと...
●本部にとって
  ・成長のブレーキになります...関係者との信頼関係の低下は加盟店数の減少へ
  ・本部コストの増大になります..クレーム対処など後ろ向きのコストが増大
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリアFC本部・加盟店の両方にとって損失となります!

きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア依頼の仕方と要求している内容が違うと悲劇きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 経営者の不満、従業員の不満を整理すると..
●経営者の不満は:指示したこと、伝えたことを分かっていない、聞いていない、やってくれない..
●従業員の不満は:指示通りに考えて行動しても理不尽に責められる、仕方ないので、言われたことをするしかない
これは、どちらにとっても不幸なことであり、高いコスト体質となり、細部まで具体的に指示しないと動けなくなります。
価値を生まない体質となります、単なるオペレーターとしての動きしかできません。
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
仕事のコントロールレベルの低下は双方の損失です!

きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア「話を聞かない見積もりを突き付ける」悲しいコピー機の営業マンきっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 「話を聞かない見積もりを突き付ける」営業マン
コピー機が出回っていない時代で、どんどん飛び込めば売れた時代なら、この様なやり方でも成功したかもしれません。
この時代に、前近代的な飛び込み営業だけで成功するのでしょうか?
新規顧客開拓には必要なことだとは思いますが、それだけに頼り切っていては成長は望めません。
飛び込んで、90度のお辞儀が営業ノウハウでは、営業マンとの信頼関係も生まれません。
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
顧客は仕事を応援してくれる人を探しているのです!

きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア来月は「一生懸命頑張ります」が対策の営業会議きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 一生懸命頑張りますで成功するのか?
一生懸命だけで成功していたら..世の中のほとんどの人が成功しています。
どんな仕事にも、一生懸命は必要ですが、十分条件ではありません。
「一生懸命」は、レベルを示す言葉です。それは、内容を示す言葉とセットで意味をなします。
現状を正しく分析する文化や習慣が無いままに、対策をたてるので精神論になってしまいます。
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア精神論に逃げるのは簡単ですが成果はでません!

きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア3社に依頼したソフトの開発の見積金額に唖然きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 依頼したソフトの開発の見積金額に唖然とした体験!
同じ資料を見て、同じ説明を受けても、会社によって見積もり金額が大きく違うことは、よくあることなのです。
どの会社も、それまでの経験や積み上げた技術で、その対象のソフトの開発をしようと考えます。
開発の見積もりは、そこがベースになるのです。
担当者は、わからないモノは..不安です。見積もり金額を上げて何とか対処しようとします。
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
PDCAできない対象の開発は高くなります!

きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア技術者派遣の営業マンは「優秀な技術者です」と言うが?
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 技術者の得意な分野の違い!
その分野や対象は大きく広がっています。 ・機械やソフトに詳しい人 ・業務の詳しい人..に分類できます。
機械やソフトに関してもデータべース、ネットワーク、セキュリティ..OS(オペレーティング・システム)、アプリケーション..
業務に関しても新規事業、業務改善、経理、人事..商社、工場、物流、チェーンストア..と広い分野があります。
すべてに対して「優秀」と要求しても無理があります。
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
得意分野を見極めることが大切!

きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア使えない情報システムが開発されてしまうきっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア なぜ?、使えないシステムが開発されてしまうのか
「使えないシステム」、「動かないコンピュータ」で、検索サイトで検索してみてください。
たくさんのWEBサイトが検索されます。それだけたくさんの実例があるということです。
実は、この図のように何を依頼して、何を受託したのか?明確にしていないままに開発が進む場合があります。
そして、完成して動かす時にトラブルとなります。
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
業務のシステム化を協同作業で進めることが必要!

きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア考えないで作業に逃げ込んでも業績は上がらないきっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア 売れない理由は必ず売る側に存在しているのです!
社会にはたくさんの企業・お店があります。同じような商品を扱っていても、業績の良い会社・赤字続きの会社があります。
売れて儲かる人売れない人、売れて儲かる店・会社売れない店・会社、何が違うのでしょうか?
お客様は、自分の選択基準で選んでいます。
お客様の支持にも共通項があるのだと思います。そして、それを見つけお店の個性を出すことが必要です。
きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリア売れる売れないは売る側にあります!

きっかけとなった体験:人と仕組みで仕事を考える:図解で描く仕事の設計図でビジネスの仕組みを創る:ビジネス・アーキテクトのテオリアHOME > 私の仕事は、こんな体験がきっかけとなって始まりました 
情報システム導入支援IT119番:システムの企画・開発・導入を成功させるためのノウハウ情報システムの企画・開発支援・RFP作成 「IT119番」 「守・破・離」で任せる図解で描く「仕事の設計図」 企画書・提案書の図解サンプル集:競争力をアップする図解:思考をチャートに行動をオペレーションに企画書・提案書・プレゼン資料の図解サンプル集

会社概要経営理念代表者プロフィール経営に役立つ言葉集プライバシーポリシー著作権メール連絡
有限会社 テオリア 〒942-0036  新潟県上越市東中島1943-91 電話番号 025-531-1151 FAX番号 025-531-1152
このサイトは仕事の図解屋:テオリアが管理しています。ホームページに関するご意見、ご質問はこちらまでお願い致します。
Copyright(C) by Teoria ltd. All Rights Reserved.