経営の可視化で成功要因を洗い出し競合との差別化を考え、競争優位を具体化する 経営の可視化で成功要因を洗い出し競合との差別化を考え、競争優位を具体化する  図解で描く「仕事の設計図」とは事業経営の可視化(見える化)による「成功へのプロセス・デザイン」 図解で描く「仕事の設計図」とは事業経営の見える化による「成功へのプロセス・デザイン」
仕事は協同作業:部分最適になる:図解で描く「仕事の設計図」とは..「目標達成へのプロセス・デザイン」:ビジネス・アーキテクトのテオリア
仕事は協同作業:部分最適になる:図解で描く「仕事の設計図」とは..「目標達成へのプロセス・デザイン」:ビジネス・アーキテクトのテオリアHOME > 仕事を協同作業と考えると原因が見えてきます > 部分最適になる

仕事は協同作業:部分最適になる:図解で描く「仕事の設計図」とは..「目標達成へのプロセス・デザイン」:ビジネス・アーキテクトのテオリア部分最適になる
仕事は協同作業:部分最適になる:図解で描く「仕事の設計図」とは..「目標達成へのプロセス・デザイン」:ビジネス・アーキテクトのテオリア 誰もが、自分の知っている範囲で一生懸命!

みんな一所懸命です、と..誰もが思っています。
でも、それは会社にとっての「全体最適」ではなく、
その人にとっての「部分最適」である場合も多いのです。

私は、SEとして多くの会社のシステム化に携わりました。
業務を取材するなかで、「○○はAさん、□□はBさん、
△△はCさんに聞いて..」となりました。
すべての業務を把握している人が誰もいないのです。

概要はわかり、その場しのぎの対処ができても..
その仕事の根本までわかりません。
その人が辞めると引き継ぎ書程度の知識しか残りません。
これでは、どこを、どう変えたら、どうなるか...
関係者で共通認識を持ちながら改善することが難しくなります。

その仕事は
  ・何のために必要なのか?
  ・どこに、どうかかわるのか?
  ・トラブルや不正の可能性は?

現代の仕事は、
  見えにくい、理解しにくい仕事が増えています。

仕事は協同作業:部分最適になる:図解で描く「仕事の設計図」とは..「目標達成へのプロセス・デザイン」:ビジネス・アーキテクトのテオリア部分最適になりがちです、全体最適を考えましょう!

仕事は協同作業:部分最適になる:図解で描く「仕事の設計図」とは..「目標達成へのプロセス・デザイン」:ビジネス・アーキテクトのテオリア ジョハリの窓
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジョハリの窓とは、自分をどのように公開し、隠蔽するか、コミュニケーションにおける自己の公開と
コミュニケーションの円滑な勧め方を考えるために提案されたモデル。

[編集] ジョハリの窓の誕生
1955年夏にアメリカで開催された「グループ成長のためのラボラトリートレーニング」席上で、サンフランシスコ州立大学の心理学者ジョセフ・ルフト (Joseph Luft) とハリー・インガム (Harry Ingham) が発表した「対人関係における気づきのグラフモデル」のことを後に「ジョハリの窓」と呼ぶようになった。 ジョハリ (Johari) は提案した2人の名前を組み合わせたもので、ジョハリという人物がいる訳ではない。

仕事は協同作業:部分最適になる:図解で描く「仕事の設計図」とは..「目標達成へのプロセス・デザイン」:ビジネス・アーキテクトのテオリアHOME > 仕事を協同作業と考えると原因が見えてきます > 部分最適になる
会社概要経営理念代表者プロフィール経営に役立つ言葉集プライバシーポリシー著作権メール連絡
〒942-0036  新潟県上越市東中島1943-91 電話番号 025-531-1151 FAX番号 025-531-1152
このサイトは仕事の図解屋:テオリアが管理しています。ホームページに関するご意見、ご質問はこちらまでお願い致します。
Copyright(C) by Teoria ltd. All Rights Reserved.