経営の可視化で成功要因を洗い出し競合との差別化を考え、競争優位を具体化する 経営の可視化で成功要因を洗い出し競合との差別化を考え、競争優位を具体化する  図解で描く「仕事の設計図」とは事業経営の可視化(見える化)による「成功へのプロセス・デザイン」 図解で描く「仕事の設計図」とは事業経営の見える化による「成功へのプロセス・デザイン」
仕事は協同作業:仕事を4つに分類:図解で描く「仕事の設計図」とは..「目標達成へのプロセス・デザイン」:ビジネス・アーキテクトのテオリア
仕事は協同作業:仕事を4つに分類:図解で描く「仕事の設計図」とは..「目標達成へのプロセス・デザイン」:ビジネス・アーキテクトのテオリアHOME > 仕事を協同作業と考えると原因が見えてきます > 仕事を4つに分類

仕事は協同作業:仕事を4つに分類:図解で描く「仕事の設計図」とは..「目標達成へのプロセス・デザイン」:ビジネス・アーキテクトのテオリア仕事を4つに分類
仕事は協同作業:仕事を4つに分類:図解で描く「仕事の設計図」とは..「目標達成へのプロセス・デザイン」:ビジネス・アーキテクトのテオリア 「仕事」は、どの仕事も同じでしょうか!

仕事をマトリクスで4つに分類して考えました。

分類する要素は
●過程をコントロールできるか・できないか
  自分や部下に「できる仕事・できない仕事」があります
  技術や知識・経験・習熟の必要な仕事があります

●結果や成果物が見えているか・見えていないか
  結果を100%想定「できる仕事・できない仕事」があります
  自分の想像以上の成果を期待する仕事もあります

この4つの仕事の分野を..
同じように考えて取り扱って上手くいくのでしょう?

それぞれ仕事の進め方・依頼の仕方、
相手との関係の関係の構築が違います。
マッチした依頼方法を意識しないと成果は期待できません。

別の表現をすると誰がやっても同じ結果の出る仕事と、
担当する人によって結果が違う仕事なのです。

仕事は協同作業:仕事を4つに分類:図解で描く「仕事の設計図」とは..「目標達成へのプロセス・デザイン」:ビジネス・アーキテクトのテオリア仕事を外部に依頼する場合は戦略を明確に!

仕事は協同作業:仕事を4つに分類:図解で描く「仕事の設計図」とは..「目標達成へのプロセス・デザイン」:ビジネス・アーキテクトのテオリア

困った依頼..
依頼方法が問題!







































「図解」して欲しいと頼まれることがあるのですが...

困ったことに..
表現する内容に問題があって「図解表現」できない場合があります。
その原因は、
  ・考えていることの整合性が取れていない
  ・抜け落ちがある
  ・脈絡に無理がある想定
..などです。


でも、一番大きなことは「未来」を明確に定義していないということです。

「図解」を依頼する目的は
「未来の会社」を創るために、社員や外部に説明する企画書です。

現状は、社長や会社を取材すればまとめ上げてることはできます。
確定した事実であり、取材対象がしっかり存在するからです。

でも、社長の『こうしたい、ああしたい..』の未来の定義が不明確な状態を取材しても..
依頼された「図解」を、役にたつものにすることはできません。
図解は明確に白黒をハッキリさせる技術です。
不明確なままでは図解できません。したとしても、内容のない図解になります。

明るい未来を築くために大切なことは...
  「期待した未来を創る」というアプローチをすることです。
    ・その未来の状態を明確に定義をし
    ・それを実現するための方法・手順を考え
    ・それを伝えるための「ドキュメント」を創る
ということです。


期待した成果を上げるには、2つの段階が必要です。
   ●内容を創りあげるという段階
   ●内容を表現するという段階


ただ、自分の頭の中を「表現」してほしいというアプローチをしていると、
上手く表現してくれる企画会社を探そう、デザイナーを探そう...となります。
でも、表現を依頼しているのですから、提供した材料からしか表現できません。

そして、納得できる表現がされていないことを不満に思い、
その不満を解決するために、別の人を探すということになります。
そして、また同じことを繰り返します。

アプローチが違うのです。
やろうとしていることと、それを実現するための方法・手順が違うのです。

私のWEWサイトを見て、北海道から新潟まで来てくれた社長がいました。

質問しました
  ・私を見つけた「検索キーワードは?」
    ...「社長のゴーストライター」で見つけた!

  ・なぜ、私に依頼するのですか?」
    ...「見栄え良く奇麗にしてくれるところはあるが、内容まで丸投げで創ってくれないから」でした!

自分の考えたことを明快で筋道の通った企画書にするには、
内容を創るということの大切さを理解していたから、
内容を丸投げできる新潟まで来てくれたのだと思います。

未来を創る仕事はとても大切で難しいのですが、
これから競争力を高めて行くにはとても大切なことだと思います。

仕事は協同作業:仕事を4つに分類:図解で描く「仕事の設計図」とは..「目標達成へのプロセス・デザイン」:ビジネス・アーキテクトのテオリア未来の定義と実現ための設計図が重要です!

仕事は協同作業:仕事を4つに分類:図解で描く「仕事の設計図」とは..「目標達成へのプロセス・デザイン」:ビジネス・アーキテクトのテオリア図解の3つの要素
仕事は協同作業:仕事を4つに分類:図解で描く「仕事の設計図」とは..「目標達成へのプロセス・デザイン」:ビジネス・アーキテクトのテオリア 図解は元ネタが重要です!

上記体験の補足説明です。

図解と言うと、「表現」と思われがちですが..
違います!

「上手く図解できない!」原因は、
図解したい内容、材料、元ネタが明快でないからです。

図解は、考えをわかりやすく表現します。

だから、...
 ●内容が乏しいと...乏しい表現しかできません。
 ●理論に筋が通っていないと、簡単に見抜かれます。
一目見て、違う!と言われます。

表現だけ追い求めても...
価値ある図解はできません!

元ネタと論理構造で80%以上を占めると思います。
表現自体は、内容がしっかりできていれば簡単です。
内容が突きつめられていないから図解できなのです。

仕事は協同作業:仕事を4つに分類:図解で描く「仕事の設計図」とは..「目標達成へのプロセス・デザイン」:ビジネス・アーキテクトのテオリア内容をしっかっり突き詰めましょう!
伝えたい情報を上手く整理して表現できていますか?、情報は構造とセットにすることで伝わりやすくなります。
上書きして使える図解PPTのテンプレート 企画書・提案書・プレゼン資料を差別化する図解サンプル+クリップアートCD

仕事は協同作業:仕事を4つに分類:図解で描く「仕事の設計図」とは..「目標達成へのプロセス・デザイン」:ビジネス・アーキテクトのテオリアHOME > 仕事を協同作業と考えると原因が見えてきます > 仕事を4つに分類
会社概要経営理念代表者プロフィール経営に役立つ言葉集プライバシーポリシー著作権メール連絡
〒942-0036  新潟県上越市東中島1943-91 電話番号 025-531-1151 FAX番号 025-531-1152
このサイトは仕事の図解屋:テオリアが管理しています。ホームページに関するご意見、ご質問はこちらまでお願い致します。
Copyright(C) by Teoria ltd. All Rights Reserved.