「もっとできるはず..」の悩みを解決する:人と組織の「強み」を積上げる「考動知図」(こう・どう・ち・ず)
「もっとできるはず..」の悩みを解決する:人と組織の「強み」を積上げる「考動知図」(こう・どう・ち・ず)
目指していること:失敗の学びを、「強み」に積み上げる方法 代表者プロフィール:マイセオリー(持論)クリエーター 核となる技術:現場の知恵を図解する、業務プロセスを可視化する 提供するサービス:経験をソリューション(問題解決手法)として蓄積し、未来を活かす材料へ 企業概要:「強み」積上サポーター お問い合わせ:気軽にメール・電話でお問い合わせください
HOME > 現場での学びを蓄積して「持論DB」を蓄積する方法 > デービッド・コルブの「経験学習モデル」

デービッド・コルブの「経験学習モデル」 

経験学習 ケイケンガクシュウ

人は実際の経験を通し、
それを省察することでより深く学べるという考え方を、
人材育成の領域では「経験学習」と呼びます。
組織行動学者のデービッド・コルブはこうした学びを、
体系化・汎用化された知識を受動的に習い覚える
知識付与型の学習やトレーニングと区別し、
「経験→省察→概念化→実践」という
4段階の学習サイクルから成る
「経験学習モデル」理論として提唱しています。

           kotobankより



  できる人は..
同じ失敗を繰り返しません。

できない人は..
何度も同じ失敗を繰り返します。

社会人の成長は、
そのほとんどが日常の仕事の経験から生まれていると言われています。

そして、この経験を通しての学びを
知識習得の学習と区別して「経験学習」と読んでいます。

この「経験学習」の上手い人がいます。
周りにいる「仕事のできる人」を思い浮かべてください。

こんな特徴があるはずです。
 ・転んでもただでは起きない(失敗から学んでいる)
 ・同じ失敗を繰り返さない
 ・トラブルを予見でき回避する
 ・仕事の全体像を理解している
 ・直感的に問題の本質を言い当てる
 ・的確な改善アイデアをヒラメク
 ・冷静に問題に立ち向かう
 ・粘り強く目標に向かう
これらの特徴は、
個人の性格や資質のように考えられ能力開発が難しように思われがちです。

でも、「経験からの学び方」を身につけることで、
かなりのことができるようになります。

変化の激しい時代、正解が無い時代に、
「過去の経験は約に立たないのでは?」と言われることもあります。

でも、技術が進化して社会の仕組みが変わっても
人と人が、物や事、情報やお金のやりとりから成り立つことは同じです。
こて先のやり方は変わっても、多くの学びは役に立つと考えます。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経験  Concrete Experienc
――――――――――――――――――――――――――――――
具体的な経験をすること。
自分で考えて、自分で動いて、自分で結果を受け入れること。
すると自分で「気づく」ことが多くなる。

問題なのは、自分で体験しないで..
分かったつもりになって、机上で理屈を振り回すこと。

3現主義(三現主義)で考えると見えてくる。
  「現場」に足を運び、場を確認する
  「現物」を手に取り、物を確認する
  「現実」をこの目で見て、事実を知る


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
省察  Reflective observation
――――――――――――――――――――――――――――――
経験を多様な観点から振り返ること。
そのために必要な事は
  ・質問 
  ・振り返り
私たちの脳は質問されると、それに答えようと働jく。

振り返るときに、
 ・いつもと同じ視点、価値観で考えていたら、新しい「気づき」は生まれない。
 ・いつもと同じ考えに落ち着くだけになり、いつもと同じ行動を繰り返すだけです。
これでは成長はありません。
質問には、自分の脳を活発に働かせる作用がある。
多様な観点で、自分の行動を振り返ってみる。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
概念化(持論化) Abstract Conceptualization
――――――――――――――――――――――――――――――
他でも応用できるよう概念化し
自分の未来や、他の人が使えるように教訓にすること。

振り返った内容を、概念化とか教訓と言われても..
どこから・どうやるか困ります。
ただ、概念化とは、本質的な要素を抽出すること。
本質が捕まえられていれば書き方にこだわることは不要。

上手く概念化する方法!

  組織理論学者のミンツバーグ(H. Mintzberg)は、
   「すぐれた理論は、自分の経験を理解するのに役立つ」と述べています。
先人の知恵を参考にしましょう。
体系的に整理された既存理論と、経験から気づいた自分の考えとを照らし合わせましょう。
自分の状況に当てはめ、個別具体的に解釈し、発展させ、自分の新しい理論を構築するのです。
探すと、たくさんの先人の知恵を見つけることができます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
試行  Active Experimentation
――――――――――――――――――――――――――――――
新しい場面で実際に試してみる
持論(マイセオリー)として、使うには「試行」の段階が必要。
本格導入は、その結果を踏まえて。

ただ、完全を求めると切りがありません。
100%でなくても使いながら、成長させていくことが大事です。
松下幸之助氏は、6割ぐらいいけると思ったら決定したといいます。


今いる社員を
収益を生む考え方と行動に変える

仕事のプロセス・コツの可視化

「考動知図」

(こうどうちず)

改善を積上げる土台
 失敗の学びを「強み」に積み上げる方法:マイセオリー(持論)クリエーター:池田 秀敏
考動知クリエーター

有限会社 テオリア
池田 秀敏


経験から学ぶと言うことは、
すでにたくさんの人が経験しています。
学び方は、人それぞれです。

必ずしも有効な学びや成長が生まれるとは限りません。

職場に、こんな問題はありませんか?
 ・同じ失敗が繰り返される
 ・場当たり的な問題解決しかできない
 ・計画を上手く立てられない
 ・信用できない計画なので、誰もやらない
 ・メンバーが指示を待って自分で考えない
 ・仕事が楽しくない
 ・チームワークで仕事ができない
 ・メンバーの意慾や能力を引き出せない
 ・結果が出ないので、みんな疲れきっている
こんな状況なら「経験から学ぶ」ことが必要です。
多くの問題は解決に向かいます。

でもそんな面倒な事より
「仕事のやり方を手取り足取り教え、
成果が出るようにすればいいんだろう」という人も多いのが現実です。

それでは...
教えてもらなないとできない、指示されないと動かないとなります。
部下が成長の実感を持つことはあまり期待できません。

大切なのは、
自分の行動や仕事の成果について、
自分で考えて
自ら振り返る機会をいかに与えるかということです。

そして、与えられなかったら..
会社を気にせず、自分で自分の時間にやりましょう。

「会社の理解が無い..」、何て言っていても実力はつきません!

 
 
HOME > 現場での学びを蓄積して「持論DB」を蓄積する方法 > デービッド・コルブの「経験学習モデル」
目指していること:失敗の学びを、「強み」に積み上げる方法 代表者プロフィール:マイセオリー(持論)クリエーター 核となる技術:現場の知恵を図解する、業務プロセスを可視化する 提供するサービス:経験をソリューション(問題解決手法)として蓄積し、未来を活かす材料へ 企業概要:「強み」積上サポーター お問い合わせ:気軽にメール・電話でお問い合わせください

有限会社 テオリア  〒942-0036  新潟県上越市東中島1943-91 電話番号 025-531-1151 FAX番号 025-531-1152
Copyright(C) by Teoria ltd. All Rights Reserved.