本文へスキップ

業務の可視化と現場の知恵を共有する「仕事のプラットフォーム」

仕事のプラットフォーム改善のテオリア 可能性をデザインせよ! 

TEL 025-531-1151

〒942-0036 新潟県上越市東中島1943-91

図解:仕事のプラットフォーム改善のテオリア

有限会社 テオリアは、仕事のプラットフォームの構築・成長の支援を専門とする会社です。

「困った」の原因は..
仕事の属人化:結果オーライ体質

すべての原因はこれ!

その結果
●組織として
・仕事のプロセスが見えていない
・仕事を俯瞰して改善できない
・個人の頑張りに頼るしかない
・ノウハウの蓄積も伝承もできない
・業績は、できる人に頼るしかない
・部下を計画的に育成できない
・育成も個人任せ、成果もバラバラ
 (教える内容・教え方が違う)
・管理が精神論になってしまう
・改善アイデアが「思い付き」レベル
・従業員同士の連携プレーがダメ

その結果..
いつまでたっても
「優秀な人が欲しい」と悩み続ける..
その優秀な人とは..
放っておいても期待する成果を出す人
でも、その期待は気分や状況でクルクル
困った社長こんな「困った」ありませんか?

 仕事品質が下がって、クレームの嵐
 仕事の手戻りが多い、二度手間・無駄が多い
 仕事の効率が悪い、時間の割りに成果が上がらない
 現場担当者の、気合と根性で乗切っている

 担当者が休むと、仕事が回らなくなる 
 担当者によって、仕事のスピードや品質が違う
 担当者によって、対応が違うというクレームがある
 顧客から元の担当者に、戻してくれと言われる

 上司と部下の関係は、なあなで管理できていない
 上司が現場の、具体的な実情を把握していない
 上司から現場を無視した、無理難題が指示される
 部下を育てられる人・育てられない管理職がいる

 誰が何をやっているか、見えない・分からない
 何を、どこまでやれば良いか曖昧。優先度も曖昧。
 仕事が行き当たりばったり、進捗管理ができていない
 できる人が辞めると、業績がガクンと落ちる
 できる人の我が儘で特別待遇を要求してくる
 常に仕事に追われ、残業・休日出勤から抜けられない

 会議では、小手先の改善アイデアしか出せない
 工夫や改善は、個人任せになっている
 若い人が、長続きしないすぐ辞める
 報連相できていない、問題が起こってから対処する
 職場のモチベーションが低い、高まらない
 仕事の所要時間を、見積もれない・見積もりが甘い

図解:「結果オーライ」から会社のノウハウに社員を載せる

仕事のノウハウは個人任せ(属人化)から、会社のノウハウに社員を載せる(仕事のプラットフォーム)へ
池田秀敏 テーマは、現場の生産性向上!
もう、個人に頼りきった仕事の仕方から抜け出しませんか!
それを解決するのが、みんなで成長させる「仕事のプラットフォーム」です。
後継者への事業の移譲は、「仕事のプラットフォーム」で!

「仕事のプラットフォーム」で何をするのか!

例えば..
イチゴの包装だと.
現場の知恵:イチゴの包装の気づかい
 

みんなで
アイデアを出し議論して
 ・成果の出る手順
 ・上手くやる方法

を改善の土台に積上げる
スーパーでイチゴのパックを買って帰ったら、
つぶれた粒があったという経験はありませんか?、
あるお店では袋に空気を入れてクッションになる包装をしてくれるので
つぶれにくくなります。店員さんの考えた小さなアイデアです。
 
・このような顧客満足を追求するアイデアが1000個あるお店
 
・「お客様の立場に立て!」と精神論を言っているだけのお店
とでは、どちらに買い物に行きたくなるでしょうか?

必要なことは、
店員さんが現場で考えたアイデアを集め組織の知恵にすること。
そのやり方が

経験知を
積上げる改善の土台が「仕事のプラットフォーム」
改善のアイデアを積上げることで競争力のある「強み」が生まれます。

誰にでも、現場で「こうやれば、もっと..」という気づきがあります。
これを個人の頭の中から組織の「知恵」として
「仕事の標準(マニュアル)」に積みあげ共有・伝承します。
自分のアイデアで改善が進み成果が変わる体験が手応えになります。

みんなの一生懸命を未来につなげるために「仕事のプラットフォーム」を築く!

失敗しても成功しても理由が分からないと、成功確率を高めることはできません!
成果をあげるメカニズムを共有する
暗黙知 → 形式知 → 集合知 へ
メカニズムを共有することで、たくさんの観察眼と考える頭で改善をスピードアップすることができる

図解:みんなの知恵と力をあわせる「仕事のプラットフォーム」
「仕事のプラットフォーム」の構築  「仕事のプラットフォーム」の役割  
 要するに、みんなで成長させる「仕事の教科書」!
仕事を図解で可視化して全体最適をはかり、みんなでバーションアップしていく仕組み!
仕事の設計図:テオリア仕事の設計図 現場の経験学習:テオリア現場の経験学習 職場の知的財産
職場の知的財産
今いる社員を収益を生む考え方と行動に変える

目指していることは!
●あなたが経営者(社長)だとしたら・・・

 ・現場の社員が改善方法を自分で考えるのでだんだん良くなる...安心して任せられる
 ・ばらばらのチームが全員で仕事のやり方を協議するので.....会社が自動操縦になる
 ・社会経験のない新入社員が基本を身に付け即戦力になる.....社員が自分で成長ルートに乗る

●あなたが従業員さんだとしたら・・・
 ・社長の期待してしていることが理解でき、その通り行動できる..社長からの評価UP
 ・改善が進むので安定した結果を出し続けられるようになる....給料の評価UP
 ・自分のアイデアで仕事の「仕組み」が、どんどん良くなる....仕事の手応え・存在感UP
  これからの会社員は実力をつけないと将来、危ない 
  従業員に細かな指示をしてロボット化すること
やみくもな努力を強要することを止めませんか!
仕事を可視化して、
みんなで改善を積上げられる「仕事のプラットフォーム」を創りましょう!
図解:経験の蓄積とは「知恵のモジュール化」
  こんな体験から
仕事の生産性UPをするために「仕事の可視化」に行きつきました! 
仕事を可視化することで、失敗した経験を、会社の財産にすることができます。

   この仕事に至るキッカケ「考える・伝える・動く」 詳細
    講座テーマ「図解で思考し表現する技術」
 ●日時 2017年7月27日(木) 10:30-16:30
 ●会場 [東京・大井町]きゅりあん
 図解の方法を解説する図解PDFダウンロードできます
詳細
  新潟県上越市を拠点に活動している上越ICT事業協同組合
での活動が2017年3月18日発行の日本経済新聞(新潟経済)に
掲載いただきました。
2017.03.18 日本経済新聞掲載記事と活動概要 詳細

経営者・社員として、こんな「悩み」はありませんか!?

経営者として、悩みはありませんか?
図解:経営者として、悩みはありませんか?
この質問に、自信をもって答えられますか?
 会社は、
  ・順調に業績をあげていますか?
  ・ノウハウや技術は向上していますか?
  ・社員に依存し過ぎていませんか?
  ・優秀な人が欲しいと悩んでいませんか?
会社に、こんな悩みはありませんか?

会社は、厳しい市場原理にさらされています!
自信を持って答えられないと...
社長は、いつも悩み続けることになります。
経営者の悩みを整理すると..
社員として、実力ありますか?
図解:社員として、実力ありますか?
この質問に、自信をもって答えられますか?
 あなたは、
  ・何の専門家ですか?
  ・私のどんな問題を解決してくれますか?
  ・実績はありますか?
  ・裏付けはありますか?
人材にとって、これからは厳しい時代へ

これからは働く人すべてが、問われ続けます!
明確でない、証明する裏付けがない..
これでは、充実した人生をおくれません。
自分の価値を伝えられないマーケティング部長

社会が変化し、会社も社員も変化することが必要になった!?

図解:会社の変化に必要な2つのアプローチ!
会社の変化に必要な2つのアプローチ!
図解:会社に貢献できない人には仕事がない!
会社に貢献できない人には仕事がない!

会社は、社会の変化によって事業内容をどんどん変えていくことが必要不可欠!?

会社を変えてくれる社員が欲しい図解:会社を変えてくれる社員が欲しい
社会は..
 ・どんどん変化している
 ・昔のままではじり貧になる
 ・ビジネスモデルを変化させ
 ・ビジネスシステムの完成度を高め
 ・ビジネスマネジメントを改善する
会社を変えてくれる社員が欲しい

今の仕事の進め方は実態にあっていますか?
会社は、社員の「才能」を買っている
図解:会社は、社員の「才能」を買っている
会社は..
 ・社員を採用し、その「才能」を活かし、
 ・会社の仕組みを通して、
 ・商品(物・サービス)を作り
 ・取引先に販売して
 ・売上、利益をあげます
会社は、社員の「才能」を買っている

営業部長、技術部長があっというまにいなくなる

こんな体験から、図解を仕事に役立ててきました

バナースペース

有限会社 テオリア

〒942-0036
新潟県上越市東中島1943-91

TEL 025-531-1151
FAX 025-531-1152
info@teoria.co.jp

newpage2.htmlへのリンク